1日5分で赤字生活からの脱却!寝る前に習慣づける応急対策

「給料日が近くなると、生活費が足りなくなる」「収入から支出を引いたらマイナスだった」という経験はありませんか?赤字の生活が続いていると、どんどん黒字に戻しにくくなってしまうもの。できるだけ早急に対策しておくことが大切です。そこで今回は、赤字のときにこそ取り組んでほしい方法をお伝えします!

1日5分!赤字家計を黒字にかえる方法

いまの家計を修正するには、まず状況を整理することから始めましょう。平均にすると毎月いくら収入があるのか、家賃や通信費などの固定費にはいくら支払っているのかなど、細かく書きだしていきます。

続きを読む

そして、貯金したい金額も設定しておきます。もし今がギリギリの生活でも、とりあえず「5000円だけ」などと定めておきましょう。

ここまできたら、あとは予算を割り振っていくだけ。収入から固定費を引いた金額の中で納まるよう、1週間あたりの予算を計算します。次回の給料日まで4週間あるなら、予算を4で割った金額が1週間の生活費となります。

大切なのは、「1日の終わりにレシートをチェックする」ということ。その日買った内容を確認し、スケジュール帳に合計金額を記入しておきましょう。「今週はあといくら使える」「まだ今週は始まったばかりなのに、予算の半分をつかっちゃった」など、ペースを掴むことができます。その後控えている外食やイベントを考慮しつつ、うまく調整しておいてくださいね。

みんなの貯金額はどのくらい?

生活費をやりくりするだけで精一杯…。そんな状況だと、貯金に充てるお金はなかなか残らないのでは。ほかの人は、どのくらい貯金をしているのでしょうか。

平成29 年6月27 日に厚生労働省が発表した「平成28年 国民生活基礎調査の概況」では、1世帯当たり平均貯蓄額は1031万5000円であることが分かりました。年代別でみると、20代が154万8000円、30代が403万6000円、40代が652万円、50代が1049万6000円、60代が1337万6000円、70代以上が1260万円となっています。
「意外と多い」と感じた方もいるのではないでしょうか。ちなみに、全世帯の15%は「貯蓄がない」世帯となっています。赤字の状況から脱却し、早いうちから貯金を増やしておきたいですね。

簡単な3つの貯金方法

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。