宝くじは夢か正夢か〜ネット販売拡大で売上不振は打開できる?

しかし総務省の集計によると、宝くじの売上はピークだった2005年度実績から12年で約▲3割減に。昨年度(2017年度)の売上額は7,866億円(対前期比▲6.9%減)にとどまり、20年ぶりに8,000億円を割り込んだとのことです。

その背景として、主な購入層が年金生活になり、宝くじなどに自由に使えるお金が減ったのではないかという報道がありました。その一方では、若年層が宝くじを買わなくなっているという見方もあります。

宝くじとの単純比較はできませんが、より若い層に人気がある「スポーツ振興くじ」(通称:サッカーくじ、toto等)の売上は堅調さを維持しています。2016年度の売上額は過去最高(約1,118億円)で、2017年度は小幅減(同▲3%減)となったものの、5年連続の1,000億円超えを達成しました。

いずれにしても、このまま宝くじの販売減が続けば地方財源にも大きな影響を与えかねないので、今後の動向が気になるところです。

宝くじは理屈ではなく夢を買うもの?

そんな中、2018年10月から宝くじの公式サイトで「ジャンボ宝くじ」のインターネット販売が開始されました(注)。ただし、登録したクレジットカードによる決済になりますが、この試みが販売低迷の打開につながるのでしょうか。

宝くじの楽しみは「もしかしたら宝くじを買うだけでお金持ちになれるかもしれない」と「ワクワクできる」ことでしょう。数百円でワクワクできる宝くじは、たとえ低い確率であったとしても、実際に当たる人もいるわけですし、買わなければ当選することはありません。「夢を買うもの」として楽しんではいかがでしょうか。

注:ロトやナンバーズは既に実施済み。また、みずほ銀行では自行に口座を持つ人限定でジャンボその他の宝くじを販売していた。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。