2018年、つみたて投資をしていたら損をした?

節税や貯蓄の効果をもつ「つみたてNISA」。利用を考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、2018年後半は日中貿易摩擦懸念が影響し、株式市場は、世界全体で下落基調になりました。

そこで、もし2018年につみたて投資をしていた場合、損をしたのかを確認しておきましょう。

初心者にもおすすめのつみたてNISAとは?

2018年1月から始まった「つみたてNISA」。少額投資非課税制度が適用されるため、つみたて投資で得た運用利益には税金がかかりません。

続きを読む

では、2014年にスタートした「一般NISA」とは、何が異なるのでしょうか。
1つ目の違いは、「非課税枠」。一般NISAは120万円、つみたてNISAは40万円の非課税枠が設けられています。

2つ目は、「非課税期間」。一般NISAは5年間、つみたてNISAは20年間の非課税期間があるため、長期間にわたって資産形成ができるのです。

3つ目は、「投資できる商品」であること。一般NISAでは株式や投資信託、ETFなど幅広い金融商品に投資ができますが、つみたてNISAの対象商品は金融庁が定めた一定要件をクリアした投資信託やETFに限定されています。

  つみたてNISA 一般NISA
非課税枠 40万円/年 120万円/年
非課税期間 20年 5年 (ロールオーバーにより最長10年)
口座開設期間 2037年まで 2023年まで
(投資可能期間)
投資できる商品 (長期の積立・分散投資に適した一定の基準を満たし届出がされた) 株・投資信託・ETF・REIT
投資信託・ETF
投資方法 つみたて 特に制限なし
ロールオーバー 不可 可
税制優遇 運用にかかる売却益・配当・収益分配金等が非課税
途中の引き出し いつでも可(非課税枠の再利用は不可)

2018年に毎月つみたて投資していた場合、損をした?

では、以下のケースでつみたて投資をしたと仮定して計算しましょう。

・2018年1月から毎月1万円をTOPIXのインデックスに投資をする
・毎月末(営業日)のTOPIXの終値で購入(12月分は12月25日に購入)
・総資産を計算するTOPIXの株価指数は2018年12月25日終値ベース
・売買手数料及び買付手数料は考えない
・信託報酬は考えない

TOPIXの株価指数が上昇すると購入数量が減り、株価指数が下落すると購入数量が増えます。
2018年1月末のTOPIXは1837ポイントでしたが、12月25日は1416ポイントまで下がっています。波はあったものの、全体で見ると右肩下がりの相場です。そのため、TOPIXの毎月の購入数量は年後半にかけて増える傾向がみられました。

今回は毎月1万円を投資したため、年間投資額は12万円。ところが、2018年の資産金額の合計は9万9601円となりました。年間投資額の12万円の約17%分が減少していることになります。

失敗しない積み立て方法とは

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。