お金持ちに共通点はあるの? 富裕層の定義や特徴とは

普段、何気なくお金持ちや富裕層という言葉を使いますが、いったいどのくらいの資産を持っている人がお金持ちや富裕層に該当するのでしょうか。また、お金持ちになる人に共通する特徴はあるのでしょうか。

富裕層の資産規模はどのくらい?

野村総合研究所(NRI)が2018年12月18日付で発表した、2017年の日本における純金融資産保有額別の世帯数と資産規模の推計では、富裕層を以下のように定義しています。

  • 超富裕層:純金融資産保有額 5億円以上
  • 富裕層:純金融資産保有額 1億円以上5億円未満

つまり、「純金融資産保有額が1億円以上の世帯が富裕層」と言えるでしょう。なお、この調査での金融資産とは預貯金、株式、投資信託、債券、一時払いの生命保険、年金保険などで(不動産は含まれない)、資産から負債を引いたものを「純金融資産」としています。

続きを読む

富裕層は何に投資しているの?

次に、富裕層の資産運用方法について、仏コンサルティング会社キャップジェミニの「World Wealth Report 2018」を見てみましょう。実は日本と海外のお金持ちでは少し資産運用の傾向が異なります。ここでは、100万米ドル(約1億円)以上の投資資産を持つ人たちが対象です。

海外の富裕層の資産の内訳は、現金及び現金同等物が約3割、株式が約3割、債券と不動産で約3割、その他が約1割という比率です。流動性が高い現金、売買益を狙った株式、配当を見込める債権や不動産に均等に配分していることが読み取れます。そしてその他の約1割にはデリバティブや未上場株式などが含まれるようです。

一方、日本の富裕層は、現金及び現金同等物が約4.5割、株式約3割、債券と不動産で約2割、その他約0.5割という割合で、海外と比べ現金類の保有率が多くなっています。

お金持ちに共通する特徴は?

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。