オリンピック閉会式の定番、”世界一長い”ギリシャ国歌の意味は?

Ververidis Vasilis / Shutterstock.com

オリンピックといえば、ギリシャ

スポーツの国際大会は、外国の国歌を耳にする数少ない機会のひとつです。オリンピックはその代表と言っても文句は出ないのではないでしょうか。

オリンピックといえば、発祥地のギリシャを欠かすことはできません。同国の国歌は、閉会式の定番ソングになっていますので、メロディーを知っている人はいるかもしれません。しかし、歌詞を知っている人は少ないのではないでしょうか。どんな意味を持つ歌詞なのか調べてみました。

続きを読む

「自由への賛歌」
私たちはいつも、あなたの存在を感じています
なぜなら、あなたには鋭い剣があるからです
私たちはいつも、あなたの存在を感じています
なぜなら、あなたには輝く目があるからです
その鋭い剣と輝く目で、あなたはこの地球を統治しています
古代に栄えたギリシャの先人たち
彼らの勇猛さと自由の精神を讃え
受け継いでいきましょう
おお、自由! おお、自由!

  • 投資家デビューしたあなたへ! 脱・投資初心者のための資産形成講座 [PR]

世界一長い国歌

「自由への賛歌」は、オスマン・トルコからの独立戦争中の1823年、ディオニシオス・ソロモスが著わした叙事詩に、28年ニコラオス・マンザロスが曲をつけたものです。73年、正式な国家になりました。

158節あり、世界一長い歌詞の国歌とされています。全曲を演奏すると1時間近くなりますが、通常、演奏されるのは2節までだそうです(1分強)。

「自由への賛歌」は、東地中海にあるギリシャ民族の国、キプロスの国歌でもあります。1つの曲に異なる詩をつけた国歌を他国と共有する例はほかにもいくつかあります。しかし、同曲同詩を複数の国で国歌にしているのは、英連邦諸国の国歌である「女王陛下万歳」くらいのようです。

国歌のなかに、今も生きる古代ギリシャ

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

國學院大學法学部卒業。法律系出版社、弁護士事務所勤務を経て、現職に。
ビジネス法務を中心に、ビジネス全般、旅やエンタメなど広く取材・執筆に従事。
現在は埋もれていても100年後に大化け、通説となるようなネタを求めて活動中。