おすすめの貯蓄方法をシーン別に考える

世代別にみる貯蓄方法

そのような環境変化の中、住宅を購入することをきっかけに住宅ローンが借入として家計のバランスシートの左側にどっかりとのることもあるでしょう。不動産は先ほど見た「貯蓄」の定義における対象資産ではないですが、立派な投資です。

また、お子さんがいる場合には、子供の教育費や養育費にお金がかかることで、当初想定以上に家計を圧迫することもあるでしょう。

子育て資金を考えるにあたっては、こども保険のように、こどもの大学進学をイメージしながら定期的に保険料を支払い、その期間の保険とともに貯蓄性を求めることも可能です。毎月預貯金をする地震がないという人にはおすすめです。

また、長期の資産形成には、非課税枠のあるiDeCo(イデコ)やつみたてNISA(ニーサ)といった制度を利用するのがよいでしょう。お得に資産形成を始めることができます。

たとえば、つみたてNISAでは、金融庁のスクリーニングをパスした投資信託がラインナップされていることもあり、信託報酬などの運用費用についてもお得な投資信託を長期で資産形成することが可能です。

老後を本格的に意識するようになる50代

50代以降は、住宅ローンも大方返済しているという人も出始めるのではないでしょうか。また、子育ても一段落し、子供の教育費や養育費に以前ほどお金がかからなくなる方もいらっしゃるかもしれません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。