私立大学なら4年で700万円以上…どうする!教育費

子供を大学に行かせるにあたり、親としてはなるべく子供の負担にならないようにしたいと思うのではないでしょうか。奨学金の制度もありますが、子供に借金を負わせることになるため、親としてはできる限り学費は出してあげたいですよね。今回は大学入学や授業料などにかかる費用の目安と、教育資金を貯めるヒントを紹介します。

大学進学で必要になる費用はどのくらい?

今回は、日本政策金融公庫が2018年2月14日に発表した「教育費負担の実態調査結果(平成29年度)」から、国公立大学、私立大学・文系、私立大学・理系、私立短期大学の費用を見ていきます。

続きを読む

まずは費用の定義を確認します。本調査では入学時にかかるものを入学費用、その後にかかる費用を在学費用としています。入学費用には受験費用や入学金や寄付金などの学校納付金、入学しなかった学校に対する納付金などが含まれます。

また、在学費用には学校教育費(授業料、通学費、その他:教科書・教材・学用品・施設設備費など)と、家庭教育費(参考書代や習い事の費用など)が含まれます。

それでは、大学への入学費用はどのくらいなのでしょうか。国公立、私立・文系、私立・理系、私立短大それぞれの支出状況は以下の通りです。

国公立大学:69.2万円
私立大学・文系:92.9万円
私立大学・理系:87.0万円
私立短期大学:58.7万円

私立大学の場合は入学するだけで100万円近くの費用が必要になるので、その年の出費が一気に増えるという覚悟が必要になりそうです。

次に、1年間の在学費用を見てみます。

国公立大学:108.5万円
私立大学・文系:161.3万円
私立大学・理系:180.2万円
私立短期大学:162.8万円

私立大学・理系の場合、国公立大学の倍近い在学費用が必要になることがわかります。

最後に次に入学金と4年間の在学費用(短期大学は2年)を見てみます。

国公立大学:503.2万円
私立大学・文系:738.1万円
私立大学・理系:807.8万円
私立短期大学:384.3万円

こうした学費以外にも、物価が高い都市で一人暮らしをしたり、海外に留学をしたりする場合はさらに負担が増えるので、多めに用意しておく必要がありそうです。

私立大学の授業料は過去最高値を更新中

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。