オリンパスが異例の大爆騰でストップ高! 日経平均株価は続伸

【東京株式市場】 2019年1月15日

株式市場の振り返り-日経平均株価は続伸、終値は1カ月弱ぶりの20,500円台

2019年1月15日(火)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 20,555円(+195円、+1.0%) 続伸
  • TOPIX 1,542.7(+12.9、+0.9%) 続伸
  • 東証マザーズ総合指数 914.1(+24.3、+2.7%) 大幅続伸

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:1,479、値下がり銘柄数:577、変わらず:72
  • 値上がり業種数:27、値下がり業種数:6
  • 昨年来高値更新銘柄数:4、昨年来安値更新銘柄数:16

東証1部の出来高は13億4,582万株、売買代金は2兆4,613億円(概算)となりました。出来高は先週末より増加しましたが、売買代金はやや減少しています。3連休明けで模様眺めムードが強かった一方で、決算発表などで好材料が出た銘柄を物色する流れも加速しました。売買代金は減少したものの、概ね2兆5,000億円近い水準を維持しています。

続きを読む

そのような中、日経平均株価は上値を試す展開となりました。寄り付き直後は一時▲155円安まで下落する場面も見られましたが、その後は徐々に切り返す値動きとなりました。前場の半ばにプラス圏へ浮上すると、後場の序盤には一時+212円高まで上昇するなど、力強さを見せています。その後は上値が重くなりましたが、終値でも12月19日以来となる20,500円台に乗せた続伸で引けました。

なお、TOPIXも同じような値動きで続伸となりました。

東証マザーズ総合指数は大幅続伸、売買代金は5日連続の1,000億円超え

東証マザーズの出来高は9,121万株、売買代金は1,170億円となり、いずれも先週末より増加しました。引き続き個人投資家の物色意欲に改善の兆しが見られ、売買代金は5日連続で1,000億円を上回りました。

また、総合指数も大幅上昇の続伸となり、終値では12月17日以来となる900ポイント回復となっています。今後も引き続き、個人投資家の物色意欲の回復が大きなカギになると思われます。

オリンパスが異例のストップ高で昨年来高値更新、トヨタ自動車は着々と6連騰

個別銘柄では、ファナック(6954)が一時+5%超高の急騰となり、東京エレクトロン(8035)、京セラ(6971)、TDK(6762)なども大幅上昇となりました。

また、ハイテク株では、先週末に企業変革プランを公表したオリンパス(7733)が値を飛ばしてストップ高で引けています(昨年来高値を更新)。日経平均株価の構成銘柄で、しかも大型株がストップ高になるのは極めて珍しいことと言えましょう。さらに、日立製作所(6501)も+7%超高の高値引けで連日の急騰となりました。

その他では、任天堂(7974)が一時+6%高に迫る急騰となり、トヨタ自動車(7203)が堅調に推移して6日続伸となったことが目を引きました。

一方、先週末に爆騰したファーストリテイリング(9983)が一転して急反落となり、ローソン(2651)とセブン&アイ・ホールディングス(3382)は大幅続落となりました。

また、電力株が大きく売られ、東京電力ホールディングス(9501)や関西電力(9503)が▲4%を超える大幅下落となっています。

その他では、パナソニック(6752)やシャープ(6753)など主力ハイテク株の一角や、マツダ(7261)やスズキ(7269)など自動車株の一角も値を下げたようです。

新興市場(東証マザーズ)では、ブライトパス・バイオ(4594)が再び急騰し、サンバイオ(4592)も値を上げました。また、メルカリ(4385)も大幅上昇となり、ウォンテッドリー(3991)も急騰しています。一方、SOU(9270)が大暴落してストップ安で引けたのが目を引きました。

葛西 裕一

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

国立大学卒業後、国内・外資系の金融機関にて23年勤務後に独立。証券アナリストなどの職務を経験し、ファイナンシャルプランナー関連等の金融系資格を多数保有。専門は株式投資、貴金属投資、年金、相続、不動産。