老後資金が貯められない人の3つのケースと対策

人生100年時代と言われる今、一般的な定年の年齢以降に長い時間が待っています。悠々自適の老後を迎えたいとは思うものの、将来のお金に不安がある人もいるのではないでしょうか。今回は老後の資金がなかなか貯まらない3つのケースとその対策を見ていきます。

1. 計画的にお金が貯められない

計画的にお金が貯められないという人は、以下のようなことを意識してみてください。

まず、給料日には手取り月収の2割(実家暮らしなら4割)程度を貯金用の口座に移してしまい、その口座のキャッシュカードは家に保管して、よっぽどのことがない限り使えないようにします。

続きを読む

次に、残りの8割(あるいは6割)から家賃や光熱費、通信費など毎月かかる固定費を除いた金額を4分割して、1週間ごとに使える予算を決めます。その予算のなかで外食や被服費、交際費などをやりくりするようにします。そのためには、使った金額をメモしたりレシートを保管したりして、残額がいくらあるかを把握できるようにしましょう。

このように先取り貯金をし、予算を立ててそれを超過しないようなやりくりができるようになることがポイントです。

  • 世界時同時に株価暴落中!いまこそ口座開設で株を買う準備を

2. 浪費癖がある

貯金ができないことはないのに、何かの拍子にパーッと使いたくなってしまったり、臨時収入があってもすぐに使ってしまったり。そんな傾向がある場合、仕事のストレスや劣等感など、現状に何らかの不満を抱いていることが多いものです。

そうしたストレスなどを買い物や暴飲暴食などで散財して解消することに慣れてしまうと、浪費癖がついてしまって将来困ることになりかねません。そんなときは、次のようなポイントに気をつけてお金の使い方を変えていきましょう。

  • クレジットカードをやめてプリペイド式カードの中でやりくりする
  • スマホに入っている通販サイトのアプリを削除する
  • ショッピングセンターに足を踏み入れる回数を決める

3. 退職金がない

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。