老後資金を貯蓄するためのおすすめの運用方法

貯蓄と預貯金は同じではない

バランス型ファンドと呼ばれる、株式や債券、時にはREITなどにも投資をするコンセプトのファンドですので、様々な資産に投資をすることができます。

また、種類を見ていけば、世界の資産に投資をすることも可能です。

最近は、インデックスファンドがアクティブファンドと比べて人気ですが、これは信託報酬という運用にかかわる費用が安いことが大きいでしょう。

ただ、そもそも投資信託の良さというのは、個人投資家としてはなかなかアクセスできない金融資産に簡単にアクセスし、自身のポートフォリオに組み込むことができるというのが特徴です。

そうしたケースには多少の費用を出してでも、自身のポートフォリオに組み入れることができます。

また、バランス型ファンドの中には、株式や債券、現金などの比率を機動的に調整してくれるような商品もあります。こうしたアセットアロケーション(資産配分)は個人投資家が四六時中にわたって、神経をとがらせながらウォッチしているということは現実的ではないでしょう。

こうしたシーンを想定すれば、投資信託のメリットというのが見えてきます。

勤労世代は、お金に働いてもらい、資産を増やすというスタイルが、ストレスもなく、よいのではないでしょうか。

【PR】今年こそ!節税して投資をはじめよう

日本株の投資をこれからはじめようという方、また節税をしながら「つみたてNISA(ニーサ)」や「iDeCo(イデコ)」で投資信託をはじめてみたいという方向けに、LIMOではお好みのタイプのネット証券を簡単に検索できる機能を無料でご紹介しています。是非、この機会にご活用下さい。

>> LIMOのネット証券比較の決定版へはこちら

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。