毎月赤字だけど貯金するコツはあるの?

毎月赤字という人は、貯金をするどころか貯金を減らしながら生活しているような状態ですよね。そんな状態から脱出できるものなのでしょうか?

実はちょっとしたコツや自己管理の改善などで、赤字生活から貯金生活に切り替えることができるのです。「赤字生活から脱却したい」「少しでも貯金を作りたい」と思っている方のためのヒントをまとめました。

まずは赤字になる理由を知ろう

赤字になる理由には様々なものがありますが、ここでは典型的な2つの例をあげます。

続きを読む

収支のバランスが悪い

どんなに収入があっても、それ以上の支出があれば赤字になってしまうというのは誰でもわかることだと思います。そうならないためには、収入と支出の総額を把握することが第一歩です。

「今月は赤字だったけど、いくら赤字だったかはわからない」では改善のしようがありませんよね。まず収支のバランスを明確にして、赤字ならどのくらい赤字なのかを算出します。赤字額以上の金額を節約しなければ貯金はできませんから、そこがスタートラインになります。

お金の使い道を把握していない

赤字になる人は「何に」「どのくらい」お金を使っているのかをしっかりと把握していない傾向があります。最初は多少大雑把でも構わないので、「何に」「どのくらい」のお金を使っているのかを書き出すなどして、自分の出費の内容を把握するようにしましょう。

もちろん家計簿を使ってもいいですし、ノートに書くのでも、レシートを必ずもらってまとめておくだけでも、自分が何にお金をたくさん使う傾向があるかが見えてくるでしょう。それがわかったら、どんな項目からどのくらい節約するかを考えましょう。

貯金するコツの第一歩

さて、赤字になる理由がわかったら、それを解消して貯金生活の開始です。ここでは貯金をするコツを2つ紹介します。

収入があったらすぐ貯金

「余ったお金を貯金する」方針では、なかなかお金が貯まりません。貯金用口座をつくり、給与等の収入を受け取ったら、すぐに貯金用口座に一定の金額を移して毎月の手取りを使い切ってしまわないようにしましょう。金融機関の自動振替(自動送金)サービスなどの機能で、自動的に一定額を貯金用口座に振り込むようにしておくと便利です。

支出をすぐに記録する

お金を使うたびにその金額と内容をスマホ等にメモすると、支出を把握することでお金の使い過ぎがないかをこまめにチェックすることができます。また、お金を使っていることを意識するようになり、なんとなくお金を使ってしまうことがなくなって毎月のやりくりがしやすくなるでしょう。

3年で500万円貯金した女性の貯金法

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。