妊娠~出産はお金がかかる! 用意すべき金額や物はどれくらい?

子供を望むカップルにとって、妊娠はとても嬉しいことですが、妊娠がわかってから出産までには意外と出費がかさみます。

特にベビーグッズは可愛くて、ついつい財布の紐が緩んでしまいがちですが、全体で必要になるお金を把握していないと家計を圧迫することに…。

現在一児の母で第二子を妊娠中の筆者が、実際の経験も踏まえながら、子供が生まれるまでに必要なお金や物について紹介します。

妊婦健診費用助成はあるけれど…意外とかかる検診費用

続きを読む

妊娠が判明してから出産直前まで、妊婦検診というものを受けることになります。

国としては母子手帳を受け取ってから14回の検診を推奨していますが、妊娠は病気ではないため、普段病院にかかると3割負担になる医療保険制度の対象にはなりません。

そのかわり、妊婦健診費用助成というものがあり、各市町村で診察費用を負担してくれます。

各市町村や検診内容によって補助される金額は異なりますが、筆者が通っていた病院では補助の範囲に収まることは1度もなく、毎回4千円~8千円ほど余分に支払う必要がありました。

また、妊娠がわかってすぐから母子手帳を受け取るまでに2回ほど診察を受けますが、この診察については全額実費となり1万円ほどかかります。

赤ちゃんが問題なく成長しているか確認するための大切な検診ですが、特に後期は検診頻度も増えるので、準備しておく検診費用に余裕を持たせる必要があります。

出産育児一時金は子供1人につき42万円支給されるが、それ以上は実費

出費育児一時金は、基本的に子供1人につき42万円が支給されます(産科医療補償制度未加入の医療機関で出産した場合は40万4000円)。

出産費用がこれ以下の場合は差額分が返還されますし、これ以上なら差額分を支払います。

出費する地域や病院によっても異なりますが、大都市圏や最近多いホテルのような設備の病院だと相場も高くなり、プラス10万円~20万円なんてこともあるようです。

また、帝王切開は保険の範囲内になりますが、出産でかかる費用には保険でカバーされないものもあります。

たとえば、管理入院の場合は部屋代や陣痛促進剤などの薬代が増えますし、無痛分娩にした場合は麻酔費用分の出費が増えます。

出産にかかる大まかな費用を予め病院に確認し、緊急時に備えて20万円ほどは出産時のために用意しておくと安心でしょう。

抱っこ紐にベビーベッド…ベビーグッズにとにかく出費がかさむ

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

勝目 麻希

岐阜県出身。新卒でメガバンクに総合職として入行し、法人営業や国内法人決済部門で3年半働く。
その後結婚のタイミングで商社に転職し、出産後には一旦専業主婦になるが、家事・子育てだけではない「人生のやりがい」が欲しいと思い、自分のペースで働くことができるフリーランスのライターの道へ。
執筆内容は就労経験を生かした金融系記事がメインだが、たまに趣味のハワイ旅行記事なども。
主婦目線の貯蓄、運用、世帯年収の増やし方などに関心あり。