老後資金はどう貯める? 世帯年収500万円夫婦が始めた4つのこと

定年後のことを考えたことがありますか? たとえば、30歳であれば65歳が定年だとしてもあと35年あるので、そこまで思いを巡らす人は少ないかもしれません。しかし、老後資金のことを考えてみると、35年というのはそう余裕のある年数ではないのです。今回は、夫も妻も30歳、世帯年収500万円の家庭が実際に老後資金を貯めるために始めたことをご紹介します。思うようにお金が貯められない人は、ぜひ参考にしてくださいね。

続きを読む

とりあえずiDeCoを始めてみたものの…

まず、夫婦の収入の内訳を簡単に紹介しておきたいと思います。奥さんは結婚後すぐに子どもを産む予定で退職、現在は旦那さんの収入だけで暮らしています。旦那さんは業界の中では中堅のメーカーで営業の仕事をしており、帰宅はいつも22時過ぎ。月収は約30万円、手取りにすると残業の量にもよりますが、25~27万円というところでした。

結婚を機に引っ越したマンションは、都内で駅まで徒歩13分、家賃11万円の1DK。少し手狭ですが、子どもができるまではお金を貯めようという方針は夫婦2人の間で固まっており、今は不満なく過ごしているそう。

しかし、まだ肝心の貯金がうまくできていないといいます。何かやらなきゃ、という漠然とした不安がよぎり、夫婦2人で「老後資金、どうしよう?」という話になったのは、ちょうど法改正で個人型確定拠出年金のiDeCo(イデコ)が知られてきた頃でした。

老後資金を貯めるのに節税効果が見込めることから、「とりあえず」という気持ちでiDeCoを始めたという2人。しかし、もともと奥さんは投資反対派。資金を投資信託へ振り向けることには積極的ではありません。老後資金のほかにも、子どもの教育資金やマイホームの頭金など、他の目的でも貯めなければならないこともあり、iDeCoへの毎月の拠出金額は自然と消極的な金額になっていました。

確かにiDeCoは掛金が全額所得控除になるという節税メリットがあります。ただ、それだけでなく、iDeCoでは運用益にも税金がかからないので、せっかくですからしっかり運用益が期待できるような運用に変えてもよさそうです。それが不安なら、元本確保型の商品と価格変動型の商品をバランスよく組み合わせることがポイントです。

積立預金で「守るお金」を地道に確保

同時に、60歳まで引き出せないiDeCoだけでは今後の貯金は不十分であると感じ、マイホームの頭金や子どもの教育資金のために自由に引き出せる銀行預金を始めようと2人は考えたそうです。これまで貯金がうまくできなかった理由の一つとして、「口座にあるお金を全部使ってしまう」ということがありました。

家計を任されているのは奥さんでしたが、働いていないという後ろめたさもあり、残高が少なくなっていても夫の「飲み会代」や「ゴルフ代」を出してしまっていたそう。そうした状況を変えるため、もっとシステマティックにお金を貯めようと「自動積立預金」をスタート。最初は、とりあえず毎月1万円から。ボーナスは壊れかけの大型家電を買い替えた以外、全額預金に回しました。

毎月1万円という金額を見て、「もっと増やしたい」という気持ちが沸いたという旦那さん。奥さんも、無理強いはできないけれど、毎月1万円ずつしかふえない残高に焦りを感じていたといいます。そこで、家計からもっと多くの金額を捻出することはできないか2人で考えてみたそうです。

家計の見直しで月の収支が+2万円

2人がまず見直したのは、やはり固定費。よく言われることですが、固定費の削減が節約への一番の近道です。特に最近、若い層の家計を圧迫しているのが通信費。今やスマートフォンやタブレットなどは、普段の生活になくてはならない存在ですが、その費用って意外とかさむんですよね。

夫は仕事でのみ、妻も専業主婦として家にいるのでスマートフォンを利用する機会は多くなく、スマートフォンに求める機能はネットがつながることとLINE、メール、電話ができること。となれば、大手キャリアでなくてもいいという結論に至り、2人そろって格安スマホに変更。

インターネットにつないだときの動きは多少遅く感じるものの、使い勝手としては悪くなく、慣れてきたらストレスにもならないということで、結果的には2人合わせて月額が1万円以上減ったといいます。

また、奥さんは週1回通っていたヨガスタジオをやめ、無料アプリを使用して自宅でヨガをやっています。これで5000円の削減。さらに、旦那さんも飲み会の回数を「毎月3回まで」と決めました。その副次効果として終電をなくしてタクシーで帰宅という無駄な交通費も削減。合計して月2万円以上のコスト削減につながりました。

リスクに備える転職

もう一つは、節約とは少し異なります。30代は多くの会社で「中堅どころ」とされていますよね。仕事の内容もわかってきて、やる気もあり、まだ若くて体力もある。後輩への指導もでき、上司とのコミュニケーションも円滑に取れる。そんな、会社の中で最も重宝される30代だからこそ、今後に備える転職を、と思ったといいます。

今は、中堅どころ、特に30代前半の労働者を多くの企業が求めており、転職が成功すれば待遇もぐっと上がると踏んだ旦那さん。人手不足が深刻化しているタイミングで転職することで、待遇が上がるケースは非常に多いですよね。結果的に時期を見た転職活動が功を奏し、同業種でさらに業界順位上位の会社へ転職しました。

年収自体が大きく上がるというわけではなく、月1~1.5万円アップくらいだったとはいえ、帰宅時間が平均2時間早くなり、サービス残業もなくなりました。

さらに、奥さんも妊娠のことを考え仕事をやめていましたが、2~3カ月単位の派遣の仕事を探して働くようになりました。2~3カ月であれば、もし妊娠しても周囲に迷惑をかけることなくやめることができると考えたからです。女性の場合、非正規であっても子どもがいないうちはとにかく働いておくことを考えてみてください。

できれば、正規雇用のまま産休・育休に入って正規雇用として職場復帰できるのが望ましいですが、そうでなくても「貯め時」に働いておくことが大事ですね。

まとめ

いかがでしたか。この夫婦の場合、今までお金が貯まらないことを見て見ぬふりをしてきた分、改善の余地が多くありました。2人の考え方が一致していたのも、スムーズに貯金や節約に取り組めたポイントだと思います。もし思うように貯金ができていないというのであれば、まずはパートナーと話し合いをしてみてはいかがでしょうか。

大塚 ちえ

ニュースレター

PR

FP保有の金融系ライター。スポーツと音楽が趣味。金融機関勤めで得た知識と経験で、貯金・節約から投資までお金に関する悩みに向き合う。