電通が一時▲8%超安となる謎の暴落! 日経平均株価は続落

【東京株式市場】 2018年7月20日

株式市場の振り返り-日経平均株価は続落、一時▲223円安まで売られる場面も

2018年7月20日(金)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 22,697円(▲66円、▲0.3%) 続落
  • TOPIX 1,744.9(▲4.6、▲0.3%) 続落
  • 東証マザーズ総合指数 1,048.0(+3.2、+0.3%) 反発

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:672、値下がり銘柄数:1,342、変わらず:89
  • 値上がり業種数11、値下がり業種数:22
  • 年初来高値更新銘柄数:25、年初来安値更新銘柄数:21

東証1部の出来高は12億6,202万株、売買代金は2兆3,975億円(概算)となり、いずれも前日より増加しました。米国NY市場の下落、トランプ大統領の利上げ懸念発言、中国人民元の下落などのマイナス材料が相次いだことで、リスクオフモードとなりました。

続きを読む

ただ、その後は下値を拾う動きも見られ、低調な商いながらも、売買代金は2兆4,000億円に迫る水準まで挽回しています。

そのような中、日経平均株価は不安定な値動きとなりました。寄り付き後は自律反発的な買いに支えられ、前場の序盤には一時+105円高まで上昇しました。しかし、中国人民元安のニュースが伝わると急落し、後場の半ばには一時▲223円安まで下落する場面が見られています。最後はかなり挽回しましたが、結局は続落で終わっています。

1日の値幅(高値と安値の差)は約328円となり、最近としては荒い値動きだったと言えましょう。それでも、安値から150円以上巻き返した印象が強かったと見られます。

なお、TOPIXも同じような値動きで続落となりました。

東証マザーズ総合指数は小幅反発、売買代金は6日連続で1,000億円割れ

東証マザーズの出来高は5,023万株、売買代金は828億円となり、いずれも前日より増加しました。ただ、増加はしたものの、個人投資家の物色意欲の戻りは鈍く、売買代金は6日連続で1,000億円を下回る低調な商いとなっています。

なお、総合指数は小幅上昇となる反発となりましたが、引き続き1,000ポイント割れの懸念が残ったままと言えそうです。

東京エレクトロンなど半導体関連株が大幅安、三菱自動車は3日連続の高値更新

個別銘柄では、ハイテク株が総じて軟調となる中、とりわけ半導体関連株が安く推移し、東京エレクトロン(8035)が大幅安となり、SUMCO(3436)は一時▲5%安に迫る急落、アドバンテスト(6857)が一時▲4%超安、ニコン(7731)が一時▲3%安に迫るなど売り込まれました。

また、設備投資関連株も軒並み大幅下落となり、SMC(6273)が年初来安値を更新し、安川電機(6506)も大きく値を下げています。さらに、中国関連機械株のコマツ(6301)と日立建機(6305)も大幅下落となりました。

その他では、電通(4324)が一時▲8%超安となる“謎の”暴落となったのが目を引いたようです。

一方、ソフトバンクグループ(9984)が堅調に推移し、KDDI(9433)も大きく値を上げました。

また、マツダ(7261)など自動車株の一角が小高く推移し、三菱自動車(7211)は3日連続の年初来高値更新となっています(終値は前日比で変わらず)。

その他では、任天堂(7974)が小幅上昇となり、昭和電工(4004)は取引時間中に年初来高値を更新しましたが、終値は下落で引けました。

新興市場では、ナノキャリア(4571)が値を飛ばしてストップ高で引け、ブライトパス・バイオ(4594)やソレイジア・ファーマ(4597)など医療バイオ関連株の一角も大幅上昇となりました。また、メルカリ(4385)は大幅続伸となっています。一方、シルバーライフ(9262)などが大きく値を下げて引けました。

***投信1はLIMOに変わりました***

青山 諭志

参考記事

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット動向、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄や投資といった個人の資産運用動向を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。