無駄遣いが習慣になっちゃう! 今すぐ直したい4つのクセ

お金が貯まらない生活から脱け出そう

毎日の生活の中で、「私って無駄遣いが多いかも」と思う瞬間、ありませんか。きっと、ほとんどの人がそう感じたことがあると思います。自分の無駄遣いに気が付いて、すぐに修正できればいいのですが、そうできないという人も多いのではないでしょうか。

一番怖いのは、無駄遣いが「当たり前」の習慣になってしまうこと。今回は、無駄遣いを習慣化しないために今すぐ直したいことをご紹介します。

「買えばいいか」の発想をやめる

無駄遣いが多いと自覚がある人の多くは、何かがないとすぐに「また買えばいいか」と思ってしまいがち。現状への不満をお金で解決してしまおうという発想の人が多いのです。「今あるもので何とかしよう」という発想や、「なくてもいいや」という妥協ができない人が多く、「なくなったら買う」が当たり前になっているようです。

続きを読む

「なくなったら買う」という発想は、ある意味で思考停止ですよね。毎日の生活の中で、お金を使うことに対して無頓着でいると、どうしても無駄遣いが多くなります。お金を使うということに対するハードルが下がっていて、鈍感になっているのです。

お金を使うことにもっと敏感にならないと、なかなか無駄遣いは減らないでしょう。無駄遣いが多いと嘆くわりには、そんなことを忘れて「また買えばいいか」と思ってしまうんですよね。何かが必要だと思ったとき、同時に「それって本当に必要なのかな?」と一度立ち止まって考えてみるのはいかがでしょうか。

また、何かを購入して手に入れるときには、何かを捨てるというのも一つの手です。食料品や消耗品はちょっと難しいですが、食料品以外の非消耗品については、何を捨てるか考えてから買うくらいのほうがいいですね。

できれば、同じような用途で使われるものや同じくらいの価格帯のものがいいでしょう。そうすると、自分にとって本当に必要なものが何なのか、見えてくるようになりますよ。

レシートをすぐ捨てるのをやめる

買い物をして、レシートをもらわない人、もしくはもらっても中身を見ずにすぐに捨ててしまう人、まずはレシートを見る習慣をつけてください。レシートというのは、あなたが購入した品物とあなたが支払った代金が書かれているものです。それを雑に扱うということは、自分のお金に対して無頓着でいることと同じです。

まずはレシートで毎回支払った金額をきちんと確認しましょう。これには2つのメリットがあり、まず1つはレジ係のミスを発見できること。レジの係員も人間ですから、打ち間違いもたまにはあります。それを見つけられるのは大きなメリットですね。さらにもう1つのメリットは、記憶にとどまるということです。

無駄遣いが多い人は、自分の支払った金額をすぐに忘れてしまいがち。今日はいくら支払ったというのが見えておらず、支払った金額を忘れてしまうんですよね。忘れるからこそ、お金を使ってしまうのです。

レコーディングダイエットと同じことですね。レコーディングダイエットも、食べたことを忘れてしまうから余分なカロリーを摂取してしまい、結果的に体重が増えるという発想です。

お金も同じで、使ったことを忘れてしまうから、次またお金をたくさん使ってしまうのです。使ったお金を「見える化」しておくことで、「総額」が見えるようになり、自分の予算と照らし合わせて「使い過ぎだ」とセーブすることができます。

太りやすい生活をやめる

ニュースレター

PR

FP保有の金融系ライター。スポーツと音楽が趣味。金融機関勤めで得た知識と経験で、貯金・節約から投資までお金に関する悩みに向き合う。