マイホーム、あなたは買う派それとも賃貸派?

Watchara Ritjan/Shutterstock.com

不動産価格も高止まりしている今、マイホームを購入しようかどうか迷っている人も多いのではないでしょうか。今回はまだマイホームを持っていない(非持家世帯)がどのように考えているのかを見ていきましょう。

意外に多い?!マイホームを買わないと決めている人

2017年11月に発表された金融広報中央委員会(事務局 日本銀行情報サービス局内)の「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査](2017年)によると、非持家世帯について住居の取得計画について以下の様な調査結果を発表しています。

続きを読む
  • 将来にわたりマイホームを取得する考えはない:29.7%
  • マイホームの取得については目下のところ考えていない:27.5%
  • 親からの相続等によるので、いつになるかわからない:14.5%

マイホーム問題は相続、少子化などともと切り離せない?

非持家世帯について、相続を前提としている層を含め、マイホームに関して積極的に取得を考えていない比率が70%を超えています。もっとも、親からの相続などを想定している層も15%程度いることを考えれば、マイホーム問題は、相続に限らず、少子高齢化などの人口動態の問題とも切り離せないとも言えそうです。

青山 諭志

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄といった個人の資産運用(パーソナルファイナンス)を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。Twitter:SatooshiX