加熱式たばこ競争激化!プルーム・テックは累計200万台超

2018年5月紙巻タバコ2ケタ減

Extarz/Shutterstock.com

喫煙者の皆さんは加熱式たばこをもうお使いでしょうか。今回はJTの開示データをもとにプルーム・テックの販売台数と5月の紙巻たばこの販売数量、そして5月に入って加速した加熱式たばこの価格競争の経緯、またアイコス、グロー、プルーム・テックの3社製品の特徴比較についてみてみましょう。

5月の紙巻きたばこの販売数量

2018年6月15日にJTが開示した5月の国内紙巻たばこの販売数量は、2018年5月単月の対前年同月比は▲13%減となりました。販売数量は71億本です。また、国内紙巻たばこの売上収益は428億円で同12%減という着地となりました。

続きを読む

また、2018年1月から5月までの累計では、紙巻たばこの販売数量は334億本で対前年同期比で▲14%減、国内紙巻たばこ売上収益は1994億円で同14%減となっています。

5月単月及び5か月累計で対前年同期比で販売本数及び売上収益がそれぞれ2桁減少、減収となっています。

紙巻たばこは市場が縮小しつつありますが、加熱式たばこはどうなのでしょうか。ここからは加熱式たばこの主要3社の動向を見ていくことにしましょう。

2018年5月から加熱式たばこ価格競争が過熱

プルーム・テックのスターターキットはリニューアルで値下げ

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄といった個人の資産運用(パーソナルファイナンス)を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。