南北首脳会談のあった「板門店」、どんなところなの?

ビジネス、今日のひとネタ

北朝鮮側から見た板門店周辺。写真手前の青い建物は軍事停戦委員会本会議場等、右奥の施設が会談の行われた「平和の家」

4月27日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、南北首脳会談を行いました。「初めて金正恩委員長が韓国側に足を踏み入れた」と注目が集まりました。

その歴史的な会談が行われたのは、両国の軍事境界線上にある板門店という地区の「平和の家」という施設です。板門店とはどんな場所なのでしょう。そしてこの「平和の家」での会談にはどんな意味があるのでしょうか?

軍事境界線をまたぐ「板門店」

続きを読む

板門店は、朝鮮半島の北朝鮮・韓国との軍事境界線をまたいで存在する地区です。1950年に始まった朝鮮戦争の停戦協定の会談場所として、1951年に設置されました。今でも停戦状態を監視するために、板門店の中心には「軍事停戦委員会」という組織の本部があります。ちなみに日本国内には「板門店」という名前の焼肉屋がいくつもありますが、実際の板門店には焼肉屋はなさそうです。

1953年に朝鮮戦争の停戦協定が調印された翌年に、板門店を中心とした一定区域を「共同警備区域(JSA)」とすることで、両軍は合意します。2000年には、この共同警備区域での両軍兵士の友情を描いた『JSA』という映画が話題になりました。

JSAが設置されてからはすでに60年以上が経ち、現在は軍事境界線から北朝鮮側には朝鮮人民軍が、そして韓国側には韓国軍や国連軍が配備されています。そうしたことから、このエリアは「朝鮮半島の南北分断を象徴する地域」とも言われます。

過去にはJSA内で衝突も

見学施設として一般の人も受け入れている板門店ですが、過去には数度の衝突がありました。1976年、JSA内のポプラの木の剪定作業が原因で韓国軍・アメリカ軍と北朝鮮軍が衝突した「ポプラ事件」、1984年、北朝鮮側の板門店見学ツアーに来ていたソ連の大学生が軍事境界線を越えて韓国に入ってしまい、それを追いかけた北朝鮮軍の兵士が国連軍に攻撃された「ソ連大学生越境事件」では、死亡者も出ました。事件以降、JSA内でも軍事境界線を明確に線引きするようになりました。

さらに、板門店での軍人の亡命事件も確認されています。最近では、2017年11月に北朝鮮軍の兵士が韓国側への亡命を試みたと報じられました。亡命した兵士は警備にあたっていた北朝鮮軍の銃撃を受けましたが、軍事境界線を越えて、韓国の病院で一命をとりとめたといいます。

あえて「韓国側」の施設で会談した理由は?

緊迫した状況が起こりうる板門店で、北朝鮮と韓国のリーダーは会談を行いました。その場所は、記事冒頭でも書いた「平和の家」という施設です。「平和の家」は、軍事停戦委員会本部の周辺の会談施設ですが、軍事境界線上ではなく、韓国側に位置しています。

会談場所の選定にあたっては、韓国側が今回の会談を行う場所の候補をいくつか挙げて、その中から北朝鮮側が「平和の家」を選択した、とされています。金正恩委員長が国のトップとして、朝鮮戦争停戦から初めて軍事境界線を越えることを、メディアや専門家は「南北問題改善への意欲を示す狙いや、これまでの父や祖父とは異なるリーダーとしての姿を北朝鮮国内に見せる意図もある」と分析しています。

両国だけではない利害関係者

韓国ではすでに「朝鮮半島の南北統一を見据えて、証券会社など一部の企業が北朝鮮国内への投資や進出を進めている」という情報もあります。さらには「北朝鮮の若い労働力が韓国の抱える高齢化問題を解決する」という予想もされています。

両国は、長く分断が続いている上に、経済状態や政治体制も大きく違います。また日本や米中露など周辺国の思惑もそれぞれあり、「南北統一」ということがどれだけ現実的なのか、実際にはさまざまな意見があります。朝鮮半島問題がこの先、どう動いていくのか、その進展から目が離せませんが、みなさんはどう思われますか?

クロスメディア・パブリッシング

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
クロスメディア・パブリッシング

2005年創業。ビジネス書・実用書を中心とした書籍出版や企業出版、メディア・コンテンツ事業、デザイン制作事業などを手がける。

主な刊行書籍に、20万部突破の『誰からも「気がきく」と言われる45の習慣』をはじめ、『特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ』 『起業家のように企業で働く』 『すべての仕事を紙1枚にまとめてしまう整理術』 『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』 『自分を変える習慣力』 『鬼速PDCA』など。