なぜか海外で「秋田犬」が意外なほど人気の理由

ビジネス、今日のひとネタ

平昌五輪フィギュアスケート女子で金メダルを獲得したロシアのアリーナ・ザギトワ選手。彼女がインタビューで「金メダルのご褒美として、両親に秋田犬をねだっている」と明かしたところ、日本からザギトワ選手へ秋田犬「マサル」が贈呈され、一躍、秋田犬が話題となりました。

同じくロシアのプーチン大統領も秋田犬を飼っていますが、これは2012年に秋田県の佐竹敬久知事が大統領に贈ったもの。ともあれ、ザギトワ選手が知っていたように、秋田犬は海外で意外に人気があるようなのです。ここではその人気の理由に迫ってみます。

続きを読む

ブームの意外な火付け役

秋田犬は、その名の通り秋田県原産の犬で、洋犬などとの交配種ではない在来の日本犬では唯一の大型種です。飼い主に忠実で、番犬に適しているとされます。ちなみに、犬種名は「あきたけん」ではなく、正しくは「あきたいぬ」です。

実は海外における秋田犬人気の火付け役となったのは、ある映画でした。それは、2009年に公開された、リチャード・ギア監督のハリウッド映画『HACHI 約束の犬』です。

これは、日本でも有名な「忠犬ハチ公」のエピソードを元に、舞台をアメリカに移した作品でした。アメリカで初めて秋田犬を飼ったといわれるヘレン・ケラーも、忠犬ハチ公の話に感銘を受けたとされ、海外においても、秋田犬は「忠実な性格の犬」として認知されているようです。

では、日本国内と海外での秋田犬をめぐる状況はどうなっているのでしょうか。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
クロスメディア・パブリッシング

2005年創業。ビジネス書・実用書を中心とした書籍出版や企業出版、メディア・コンテンツ事業、デザイン制作事業などを手がける。主な刊行書籍に、20万部突破の『誰からも「気がきく」と言われる45の習慣』をはじめ、『特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ』 『起業家のように企業で働く』 『すべての仕事を紙1枚にまとめてしまう整理術』 『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』 『自分を変える習慣力』 『鬼速PDCA』など。