任天堂が大幅上昇! 薄商いの中で日経平均は反発

【東京株式市場】 2018年2月23日

株式市場の振り返り-日経平均株価は反発、“閑散に売りなし”を如実に表す

2018年2月23日(金)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 21,892円(+156円、+0.7%) 反発
  • TOPIX 1,760.5(+14.3、+0.8%) 4日ぶり反発
  • 東証マザーズ総合指数 1,216.0(+9.7、+0.8%) 反発

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:1,562、値下がり銘柄数:455、変わらず:50
  • 値上がり業種数:31、値下がり業種数:2
  • 年初来高値更新銘柄数:56、年初来安値更新銘柄数:4

東証1部の出来高は11億9,800万株、売買代金は2兆2,514億円(概算)となり、いずれも前日より減少しました。NY市場の反発を好感した動きはあったものの、依然として模様眺めに徹する投資家は多く、低調な商いとなったようです。

出来高は今年最低となり、売買代金も今年2番目に低い結果となりました。

続きを読む

そのような中、日経平均株価は終日プラス圏で推移しました。前場の序盤には一時+5円高と伸び悩みましたが、後場に入ってから上げ幅を拡大し、終盤には一時+166円高まで上昇する場面も見られました。

結果的に反発とはなりましたが、“閑散に売りなし”という相場格言を表した形になっています。

なお、TOPIXも同じような値動きで反発となりました。

東証マザーズ総合指数は反発、売買代金は11日連続の1,000億円割れ

東証マザーズの出来高は4,417万株、売買代金は699億円となり、いずれも前日並みでした。新興市場でも模様眺めムードが強まったようであり、売買代金は11日連続で1,000億円を割り込んだばかりか、700億円にも届かないなど深刻な低水準が続いています。

なお、一部銘柄に買い戻しの動きが出たことから、総合指数は反発となりました。今後1,200ポイントを維持できるかどうかは、個人投資家の投資意欲回復にかかっていると言えそうです。

ブリヂストンが5日ぶりに反発、花王などディフェンシブ銘柄は売られる

個別銘柄では、ソフトバンクグループ(9984)が大きく値を上げ、TDK(6762)や日東電工(6988)も大幅高となりました。

また、ブリヂストン(5108)が5日ぶりの反発となり、日立建機(6305)も急反発となっています。その他では、任天堂(7974)が出来高を伴って大幅上昇となり、楽天(4755)も堅調に推移したことが目を引きました。

一方、花王(4452)が大幅安となり、資生堂(4911)、中外製薬(4519)、ライオン(4912)などのディフェンシブ銘柄も売られました。

また、セブン&アイ・ホールディングス(3382)やユニー・ファミリーマートホールディングス(8028)などコンビニ株が安く推移し、前日に高値を付けたヤマダ電機(9831)も小幅反落となっています。

新興市場では、ソウルドアウト(6553)が急騰して昨年来高値を更新しました。しかし、全体的には新興市場らしいダイナミックな値動きは少なく、静かな値動きとなったようです。

なお、23日に新規上場となったMマート(4380)は買い注文が集中して売買が成立せず、結局は初値が付きませんでした。

青山 諭志

ニュースレター

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット動向、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄や投資といった個人の資産運用動向を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。