三菱ふそうトラック・バス、世界初のトラックの後続有人隊列走行実験に参加

排出ガス削減、ドライバー不足解消を目指す

2018年1月23日、 三菱ふそうトラック・バスは新東名高速道路の浜松サービスエリアから遠州森町パーキングエリア間にてトラックの後続有人隊列走行実験を開始すると発表した。

実験は、1月23日から1月25日には新東名高速道路、1月30日から2月1日には北関東自動車道にて行われる。

ちなみに、複数企業により製造されたトラックを3台以上使用した後続有人隊列走行の実証実験は、世界初の試みである。

今回の実証実験は政府が進めるの「未来投資戦略2017」における高速道路でのトラック隊列走行の商業化を目指す取り組みの一環であり、隊列走行を行うことにより、空気抵抗を減らしCO2排出量を減らすことや、ドライバー不足を補うことなどが期待されている。

続きを読む

なお、この実験には、車車間通信システムを介し、先行車の加減速制御情報を取得することで車間距離を一定に保つCACC(Corporative Cooperative Adaptive Cruise Control:協調型車間距離維持支援システム)と呼ばれる技術が採用されている。

自動車メーカーとIT関連企業とが連携した自動運転技術の急速な進展が感じられる。

実証実験に参加した新型大型トラック「スーパーグレート」

拡大する

出所:三菱ふそうトラック・バス

LIMO編集部

ニュースレター

PR

LIMO編集部

LIMO編集部は、国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーを中心に構成されています。金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。