「イプシロン」打ち上げ成功によりNECとIHIがコメントを発表

2018年1月18日午前、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小型ロケット「イプシロン」3号機は内之浦宇宙空間観測所からの打ち上げに成功した。これに伴い、今回のプロジェクトに関連するIHI(7013)とNEC(6701)の2社がコメントを発表した。

IHIは、同社の100%子会社であるIHIエアロスペースが機体システムの開発・製造を担当。今回の打ち上げ成功を受けて、「当社グループが取り組んできたロケットシステム関連の技術開発の成果が確実なものとなり,今後の打ち上げ需要に十分対応できることが実証されたものと捉えており,ご協力をいただきました関係者の皆さまに,深く感謝を致します」、というコメントを発表している。

続きを読む

一方、NECは、イプシロンロケットに搭載された高性能小型レーダ衛星「ASNARO-2」の開発製造を担当した。同衛星は、経済産業省の助成事業としてNECが開発した高性能地球観測衛星であり、高分解能のXバンド合成開口レーダを搭載し、災害状況把握、国土管理、資源管理等の分野での利用を目的としている。

打ち上げ後、NECでは、「ASNARO-2」はロケットからの分離後、太陽電池パドルおよびレーダーアンテナの展開を確認し、現在計画通り地球を周回していると発表し。

なお、NECは今後、初期運用を約5か月間、予定する軌道において画像チューニング運用を約3か月間実施したのち、定常運用へ移行するとしている。

宇宙ビジネスは、海外企業も力を入れており競争は激化しているが、今回の打ち上げ成功を活かし、両社の衛星事業が海外でも加速していくかを注視していきたい。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者やファッション誌元編集長、業界専門紙の記者出身者、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。