日立、三菱電機からがん治療装置事業を買収

2017年12月7日、日立製作所(6501)と三菱電機(6503)は、三菱電機の粒子線治療システム事業を日立に売却すると発表した。

これまで、三菱電機は、国内で9施設に粒子線治療システムを納入した実績を持つ。一方、日立は、日本、北米およびアジアの著名病院13施設から受注し、そのうち8施設が稼働済みである。

三菱電機は納入実績では日立を上回るものの海外実績がない。このため、今回、日立への売却に合意したと推察される。

続きを読む

粒子線治療は、治療による副作用が少ないことや、治療後の社会復帰も比較的早いことなどから、有効ながん治療法の一つとして国内外で注目されている。また、日本では、2016年4月から、小児がんの陽子線治療と、骨軟部がんの重粒子線治療が保険適用となるなど、がん治療法の一つとして認知・普及が進んでいる。

今後、関係当局の審査・承認などを経て、三菱電機の粒子線治療装置に関わる設計・製造・販売・保守事業は2018年4月に日立に統合される予定である。日立に統合されることで開発や販売体制が強化され、この事業がグローバルに成長を加速していくかが注目される。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。