ハウステンボスでIoT対応「スマートゴミ箱」の実証実験。ゴミ収集業務の効率化につながるのか

GMOクラウドとハウステンボス、hapi-robo stの3社は12月5日、IoT技術の活用によりリモートでゴミの量を把握できる「スマートゴミ箱(仮称)」を、ハウステンボス内のアムステルダムシティ(約42,000平方メートル)全域に設置し、その有用性を探る実証実験を開始したと発表した。

「スマートゴミ箱」は、GMOクラウドの「IoTの窓口 byGMO」とハピロボが共同開発。ゴミの量を検知するセンサーをゴミ箱に搭載することで、インターネットを通じてゴミの溜まり具合を把握することができ、スタッフのゴミ収集業務の効率化を図ることができるという。

続きを読む

今回の実証実験ではハウステンボス内に「スマートゴミ箱」を設置し、ゴミが一定量を超えた際にスタッフのヒアラブルデバイスへ通知する/しない日別に「ゴミ箱を確認しに行く回数」を計測・比較。スタッフのゴミ収集における業務負担を軽減できているかを検証する。平日/土日祝日や繁忙期など、来場者数の変化にも対応できるかを検証するため、期間中はスタッフにゴミの量を通知する/しない日をそれぞれ複数設定して計測を行う。

「スマートゴミ箱」に関しては、今後大型のリゾート施設やショッピングモールなどへの展開も視野に入れていくという。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者やファッション誌元編集長、業界専門紙の記者出身者、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。