ソフトバンクPepper(ペッパー)で電子マネー決済。三菱UFJニコスが発表

カルビー直営店が第一弾

iamtui7 / Shutterstock.com

三菱UFJニコスは2017年11月20日にソフトバンクが12月4日に小売店等の店舗向けに申込受付を開始するセルフレジサービス「レジ for Pepper」に三菱UFJニコスがJR東日本メカトロニクスと開発したクラウド型マルチ決済システム「J-Mups(ジェイ・マップス)」を接続し、電子マネー決済サービスを実現する仕組みを整えたと発表した。

「レジ for Pepper」は注文の受け付けから決済までを「Pepper」で行えるようにするサービス。日本語、英語、中国語に対応しており、電子決済において利用できる電子マネーは、Suicaなどの交通系IC、nanaco、WAON、iD、QUICKPayの5種類となる。

続きを読む

利用プロセスは、ユーザーがPepperの旨の位置にあるタブレットで商品を選択し、リーダーライターに電子マネをかざし決済を行う。その後、打ち出されるレシートをカウンターに持ち込み商品を受け取るというもの。店舗では、積極、受注、決済処理までを自動化できることになる。

今回の導入の第一弾として、カルビー直営店であるカルビープラス原宿竹下通り店で12月11日から24日まで期間限定で取り扱う。今回同点に導入するのは交通系ICのみ。

決済やフィンテックに詳しい証券アナリストによれば「決済手段の電子化は避けられないトレンド。加えて小売店などでの人手不足なども加わり、今回のような取り組みが今後も増えてくるであろう。現時点では目新しさが先行しているが、時間軸次第では当たり前のシーンになっているであろう」とコメント。今後の動向に注目していきたい。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者やファッション誌元編集長、業界専門紙の記者出身者、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。