パナソニックが自動運転車両走行の実証実験を開始

福井県と永平寺町、パナソニック「永平寺参ろーど」で実証実験

福井県と永平寺町、パナソニックは、「永平寺参ろーど」を活用した自動運転車両走行の実証実験を2017年10月3日から2019年3月末日まで共同で実施する。

福井県と永平寺町は、国の地方創生拠点整備交付金を活用し、「永平寺参ろーど」(全長約6km)を自動走行実証実験が行える環境に整備している。「永平寺参ろーど」沿線には、大本山永平寺や少子高齢化が進行している集落があり、鉄道廃線後の交通手段確保など、地域の課題やニーズに対応できる自動走行車の有効活用について検証を行う。

続きを読む

パナソニックは、これまで社内の車両試験場(神奈川県横浜市)や京阪奈地区構内(京都府相楽郡精華町)、門真地区構内(大阪府門真市)で検証を重ねてきた自動運転技術を用いて、今回初めて公道に準じる環境で自動運転走行システムの検証と、自動運転EVコミューターの実用化に向けた有効活用の検証も行う。

2017年10月3日から11月17日までは、自動運転EVコミューターを「永平寺参ろーど」の一部で走らせ技術課題を確認。自社位置測定やカメラ検知などの動作検証、障害物回避や道路わきからの歩行者の侵入に対する適切な制動検証、クラウドサーバーを使用した車両管制システムの動作検証などを確認する。

海外のICT企業や自動車メーカーが注力する自動運転に日本の電機メーカーがどの領域に競争優位を確立できるのかに注目だ。

LIMO編集部

ニュースレター

PR

LIMO編集部

LIMO編集部は、国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーを中心に構成されています。金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。