マツダは大幅減益決算。業績が上向く可能性がある理由とは?

Shutterstock.com

マツダ(7261)が2018年3月期の第1四半期決算(4-6月期)を発表。第1四半期の実績としては、やや期待外れであった面は否めず、株価にはネガティブな印象だ。但し、第2四半期(7-9月期)以降に新車投入効果が見込まれること、為替影響がポジティブ(円安メリット)に寄与することが想定され、第2四半期以降の業績は上向く可能性がある。注目ポイントは第1四半期に不振であった欧州市場での販売動向。

決算ハイライト

続きを読む

第1四半期実績は、売上高が対前年同期比+3%増、営業利益が同▲24%減、親会社株主に帰属する四半期純利益が同+72%増となった。営業損益に与える円高影響は軽微に止まったものの、欧米地域の販売減少や研究開発費の増加等により、大幅な営業減益を強いられた。一方、為替差損益の改善や税金費用の減少等により、最終損益は大幅増益となっている。予想外だった大幅な営業減益の方のイメージが強く、少なからずネガティブな印象が残る。

2018年3月期の会社予想は変更なし。営業利益が対前期比+19%増、親会社株主に帰属する当期純利益は+7%増の従来予想が据え置かれた。なお、上期の会社予想は非公表。第1四半期の実績だけで判断するのはやや難しいが、会社予想を達成できるかは微妙。少なくとも、大きく上回る可能性は低くなったと思われる。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。