【バブル越え】マテハンのダイフク、株価が最高値更新中 物流システム世界首位、自動車・エレキ・eコマース向けが伸び最高益更新

写真はイメージです

copy URL

ダイフクの株価急騰中

物流機器大手のダイフク(6383)の株価が最高値を更新中です。過去10年のグラフをまずご覧ください。

同社の株価のこれまでの最高値はバブル期である1990年の2,970円でした。2006年にも戻り高値を付けましたが、最高値更新はならずリーマンショックを迎えます。一時は株価が400円を下回ることもありましたが、2013年以降着実に株価は切り返して上昇し、実に27年ぶりに最高値を付けてきました。

続きを読む

過去最高益更新中

株価が最高値を更新した直接のきっかけは、2017年3月期決算です。営業利益は対前期比+11%増の231億円、親会社株主に帰属する当期純利益(以下、当期純利益)は同+23%増の167億円となりました。いずれも過去最高益更新になります。

2018年3月期の会社予想も過去最高益更新の見通しです。営業利益が同+15%増の266億円、当期純利益が同+14%増の190億円とされました。

さらに、2021年3月期には営業利益336億円を目指すという中期計画目標も掲げられました。

世界一のマテハンとは?

ダイフクの主要事業は「マテハン」です。

マテハンは「マテリアルハンドリングシステム」を意味しており、モノを動かす設備を指します。同社は多様な顧客層に最適なシステムを納入していることが特色です。

2017年3月期の受注を見ると、半導体・液晶生産ラインなどのエレクトロニクス向け、eコマースを含む商業および小売業向け、自動車関連向けがバランスよく並び、さらに空港の搬送システムなども手掛けています。地域別に見ても、顧客が日本・アジア・北米に分散されています。

この結果、同社のIR資料によれば、マテハンシステムサプライヤーのなかで3年連続売上高世界一を達成しています。

ダイフクの社名の由来とは?

ところでダイフクの社名の由来は何でしょうか。

同社は1937年(昭和12年)に「坂口機械製作所」という機械メーカーとして発足しました。その後、社名は何度か変わりましたが、1947年に当時大阪と福知山に工場があったことから「大福機工株式会社」と社名を変更したことが今日の「ダイフク」の由来になります。ちなみにカタカナの「ダイフク」になったのは1984年です。

今後はeコマース革命やIoTの普及で、モノを効率的に運ぶ機能はますます重要になりそうです。また、先進国の労働人口のピークアウトも同社の事業機会拡大を後押ししてくれそうです。過去、業績の振幅の大きかった同社が、これから持続的な成長軌道を描き続けるか、注目がますます高まりそうです。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、大手メディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い運営をしています。また、編集体制としての金融コンテンツ編集者のバックグラウンドは、金融機関勤務経験年数は延べ30年(2021年7月1日現在)で、編集者として日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)、第一種外務員(証券外務員一種)、AFPなどの金融プロフェッショナルとしての資格保有者が在籍しています。ネットメディアとしての沿革は、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。