退職金があれば老後資産は不要なのか

退職金においては、勤続年数ごとに上昇する公務員の安定性が魅力的に感じられます。

一方で、大企業に勤める方の退職金は、業績等によっては更に高みを目指せるでしょう。

しかし退職金の制度は今後も続く保証はなく、むしろ縮小傾向にあります。

公的年金の受給額も減少する昨今、iDeCoやつみたてNISAなどを利用する人や、貯蓄型の保険商品を活用している人も増えてきていますね。

「老後資金」といっても先のことに思えてしまいますが、まずは退職金の現実を知ることで、将来のお金について考えてみてはいかがでしょうか。

特に現役世代の方は、しっかり働ける今のうちから、老後に向けた資産形成が大切です。一度じっくり考えてみましょう。

参考資料