医療保険を検討するときに、比較が難しいという人は多いようです。

今回は医療保険の比較ポイントを紹介していきます。

また、そもそも民間の医療保険が必要か疑問に思っている人もいるのではないでしょうか。

民間の医療保険の必要性についてもあわせて考えていきましょう。

医療保険の比較ポイント

医療保険はどのように比較したらいいのでしょうか。医療保険を比較するときは、以下の4点に注目することをおすすめします。

医療保険の比較ポイント1. 入院給付金

医療保険では、入院すると給付金が受け取れるのが一般的です。入院給付金は日額で設定され、入院した日数分だけ受け取れます。

例えば、入院給付金日額5000円の医療保険に加入していて10日間入院すると、受け取れる金額は5万円です。

医療保険を比較するときは、保険料に対して入院給付金日額がいくらなのかを見るようにしてください。

医療保険の比較ポイント2. 手術給付金

入院中に手術を受けると、手術給付金が受け取れます。

手術給付金は、入院給付金日額の倍率で決められているのが一般的です。この倍率が何倍になっているか比較するのも1つです。

日帰り手術でも手術給付金を受け取れる医療保険がありますので、そこも比較するといいでしょう。

医療保険の比較ポイント3. 特約

特約も見るのもおすすめです。特約とはオプションのことで、付けるとさらに手厚い保障を受けることが可能です。

例えば、より高度な医療に先進医療と呼ばれるものがあります。先進医療では全額自己負担しなければなりませんが、特約を付けておけば保障を受けられます。

ほかにも女性特有の病気になったときに保障が上乗せされる女性疾病特約や、「悪性新生物(がん)」「心疾患」「脳血管疾患」の三大疾病で所定の状態になった場合に給付金が受け取れる三大疾病保障特約など、さまざまな特約があります。

特約がどの程度充実しているか比較しましょう。

医療保険の比較ポイント4. 保障期間

医療保険には「定期」と「終身」の2種類があります。定期は一定の期間を保障するもので、終身の場合保障期間は一生涯です。

定期の医療保険は更新が必要なので、加入時の保険料が安くても注意しなければなりません。

比較するときは保障期間にも注目するようにしましょう。