4. 【投資FIRE】不労所得月30万円を稼ぐおすすめの方法4 投資信託

投資信託とは、ファンドマネージャーと呼ばれる運用の専門家が、投資家に代わって運用(国内外の株式や債券を購入)してくれます。その運用の成果として出た利益を投資家に還元する商品です。

さまざまなタイプがありますが、毎月の収入を得ると考えると「毎月分配型」の投資信託を選ぶ必要があります。

毎月分配型で注意したいのが、実際には利益が出ていないのに分配金を支払うケースがあること。その場合、基準価格に影響が出て、目先の分配金は期待できても将来の資産が目減りする場合があるので注意が必要です。

たとえば元本に対して月に1%程度の分配金がでれば年間約12%の利回りとなり、年間360万円の不労所得のためには、元本は3000万円必要となります。

ただこちらも商品によって差は大きく、市場の状況によっては分配金が減ることもあります。自分自身で投資信託の仕組みを理解してからはじめることが大切と言えるでしょう。

5. 【投資FIRE】不労所得月30万円を狙うために

不労所得の作り方をご紹介してきましたが、ほとんどの方が「夢の話しだ」と感じた方が多いのも事実だと思います。

不労所得で今の生活すべてを賄うことは難しいかもしれません。しかし、不足するだろう老後の生活資金の足しとして、コツコツと不労所得を今から貯めていくことができれば将来の漠然とした不安も払拭できるかもしれません。

とは言え、投資にはリスクが必ずついてくるものです。興味があって投資を始めてみようと考えている方は、予算や自分のリスク許容度にあったものを選ぶことを心がけ、安心して長く継続できるものを選択するようにしてください。

投資は時間が味方をします。短期ではなく、長期目線で資産運用を計画することで、リスクの分散にも繋がるでしょう。

この機会に、自由なセカンドライフを過ごすためにも、今から資産運用の初めの一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

参考資料