2. 会社員が「貯蓄1000万円」を超える年齢

同調査から、年代別の貯蓄額を確認していきます。ちなみに勤労世帯全体での貯蓄平均は1454万円でした

2.1 年代別の貯蓄平均・負債平均

  • ~29歳:平均貯蓄額414万円/平均負債額814万円
  • 30~39歳:平均貯蓄額772万円/平均負債額1464万円
  • 40~49歳:平均貯蓄額1134万円/平均負債額1179万円
  • 50~59歳:平均貯蓄額1775万円/平均負債額652万円
  • 60~69歳:平均貯蓄額2207万円/平均負債額220万円
  • 70歳以上:平均貯蓄額1883万円/平均負債額77万円

貯蓄額が1000万円を超えるのは40代からですが、負債を引いた「純貯蓄額」が1000万円を超えるのは50代からです。

むしろ40代までは、貯蓄額より負債額が上回っていますね。

教育費がかかる上に、子どもに手がかかり思うように働けない女性が多い年代です。

住宅ローンも借り入れ当初は負債額が多いため、資産ではマイナスになることが多くなります。

反対に50歳を過ぎれば負債額はかなり減り、純貯蓄額も1000万円を超えることがわかります。