ボーナスシーズンが近づいてきました。旅行や買い物など、何にお金を使おうか迷われている方も多いのではないでしょうか。

しかし、忘れたくないのが貯蓄のこと。

今回は日本の40~50代に視点を当て、そのリアルな貯蓄額を最新の統計で確認していきます。

1. 40代の貯蓄の平均額はいくらか

今回は金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和3年)」より、まずは40代の貯蓄を見ていきます。

出典:金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和3年)」を元にLIMO作成

1.1 【40代の貯蓄の金額別分布】

平均916万円・中央値300万円

  • 金融資産非保有:24.8%
  • 100万円未満:9.4%
  • 100~200万円未満:7.5%
  • 200~300万円未満:6.2%
  • 300~400万円未満:4.6%
  • 400~500万円未満:3.9%
  • 500~700万円未満:9.2%
  • 700~1000万円未満:6.7%
  • 1000~1500万円未満:8.5%
  • 1500~2000万円未満:4.8%
  • 2000~3000万円未満:5.8%
  • 3000万円以上:4.8%
  • 未回答:3.7%

40代の貯蓄の平均は916万円でした。一方で、より実態に近いと言える中央値は300万円まで下がります。

分布を見ると最も多いのは金融資産ゼロ世帯で24.8%と、4世帯に1世帯をも占めます。

次に「100万円未満」(9.4%)「500~700万円未満」(9.2%)「1000~1500万円未満」(8.5%)の順となり、貯蓄が少ない世帯も多い一方で、まとまった貯蓄をもつ世帯も見られました。

40代であればお子さんが小学生~高校生くらいの方が多く、教育費や生活費の負担も大きいでしょう。住宅ローンもまだ多く残っているため、家計のバランスシートで見ると貯蓄より負債のほうが多い世帯も多い年代です。

貯蓄を保有する世帯のみに絞ると、平均1235万円・中央値531万円でした。