【注目決算】セブン&アイはポジティブ決算。懸案のイトーヨーカ堂が営業黒字に

copy URL

セブン&アイ・ホールディングス(3382)が2017年2月期決算を発表。利益が会社予想、市場コンセンサスを上回って着地。懸案のイトーヨーカ堂も営業黒字を実現し、ひとまず株価にはポジティブな印象。

決算ハイライト

2017年2月期通期実績は営業収益が対前年度比▲4%減、営業利益が同+4%増、経常利益が同+4%増、親会社株主に帰属する当期純利益は同▲40%減となった。各段階の利益は会社予想を上回り、市場コンセンサスよりも良い着地。ニッセンの業績が厳しかったものの、国内コンビニエンスストア事業の成長とイトーヨーカ堂の通期黒字化などで利益を伸ばしており、印象はポジティブ。

続きを読む

2018年2月期の会社予想は、営業収益が同+5%増、営業利益が同+6%増、経常利益が同+6%増、親会社株主に帰属する当期純利益が同+83%となっている。国内コンビニエンスストア事業については、加盟店支援のためにチャージ率を1%減額するため、利益面の牽引役は海外コンビニエンスストア事業と低採算事業であるイトーヨーカ堂及びニッセンなどが担うことになる。

ここに注目!

投信1編集部では、国内加盟店が活力を維持し競争上優位を維持できるのか、低採算事業の改善が上積みできるのか注目する。さらに当決算と同時に発表された米国Sunoco LP社のガソリンスタンド及びコンビニエンスストア1,108店舗を約3,660億円で買収する大型案件の投資採算にも注意したい。

 

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、大手メディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い運営をしています。また、編集体制としての金融コンテンツ編集者のバックグラウンドは、金融機関勤務経験年数は延べ30年(2021年7月1日現在)で、編集者として日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)、第一種外務員(証券外務員一種)、AFPなどの金融プロフェッショナルとしての資格保有者が在籍しています。ネットメディアとしての沿革は、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。