日経平均が4日ぶり反発、シャープは連日の高値更新!

【東京株式市場】2017年3月16日

株式市場の振り返り-FOMC通過でも模様眺め解消せず、日経平均株価は小幅上昇

2017年3月16日(木)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 19,590円(+12円、+0.1%) 3日ぶり反発
  • TOPIX 1,572.6(+1.3、+0.1%)  3日ぶり反発
  • 東証マザーズ総合指数 1,051.8(+16.0、+1.6%)  4日ぶり反発

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:1,235、値下がり銘柄数:630、変わらず:139
  • 値上がり業種数:26、値下がり業種数:7
  • 年初来高値更新銘柄数:89、年初来安値更新銘柄数:1

東証1部の出来高は17億9,651万株、売買代金は2兆1,590億円(概算)となり、いずれも前日より増加しました。FOMCやオランダ選挙など重要イベントを通過したものの、盛り上がりに欠けた商いとなっています。基本的には薄商いが続いていますが、売買代金は4日ぶりに2兆円超えとなりました。

続きを読む

FOMC終了後にFRBによる利上げが実施されましたが、利上げペースが加速しないことから、一気に円高が進みました。こうした状況を受けて、日経平均株価は寄り付き後間もなく一時▲123円安まで下落しましたが、その後は徐々に切り返します。後場は一時+41円高まで上昇しましたが、その後は上値が重くなり、結局最後は小幅高に止まりました。

重要イベント通過後でもさほど上昇しなかったと見るか、円高でも最後はプラスで引けたと見るか、意見が割れるところです。ただ、1日の値幅(高値と安値の差)は約164円になるなど、膠着状態から脱しつつあることはポジティブに見ていいでしょう。なお、TOPIXも同じような値動きでした。

  • 世界時同時に株価暴落中!いまこそ口座開設で株を買う準備を

東証マザーズ総合指数は4日ぶり反発、売買代金は連日の1,000億円超に回復

東証マザーズの出来高は7,137万株、売買代金1,036億円となり、いずれも前日より減少しました。売買代金が連日で1,000億円超となったものの、相場全体に物色テーマ不足は否めない印象です。個人投資家も模様眺めに徹している様相が伺えます。ただ、総合指数は大幅上昇となり、4日ぶりの反発となっています。

コマツが4年弱ぶりに3,000円台回復、金融株や自動車株は安く引ける

個別銘柄では、ファーストリテイリング(9983)が大きく値を下げ、TDK(6762)やトレンドマイクロ(4704)も大幅下落となりました。

また、三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)など銀行株が軒並み安くなり、日産自動車(7201)やマツダ(7261)など自動車株も冴えない動きとなっています。

その他では、日立製作所(6501)やパナソニック(6752)も下落し、東芝(6502)も大幅安で引けました。

一方、ソフトバンクグループ(9984)やファナック(6954)が値を上げました。さらに、コマツ(6301)が3年10か月ぶりに3,000円台を回復し、日立建機(6305)とともに年初来高値を更新しています。

また、ピジョン(7956)も年初来高値を更新するなど、内需関連銘柄の一部に見直し買いが入った模様です。その他では、スズキ(7269)やLIXILグループ(5938)が高値を付け、東証2部ではシャープが連日の高値更新となりました。

新興市場では、グレイステクノロジー(6541)とユーザベース(3966)が値を飛ばし、ドリコム(3793)も急騰しました。一方、窪田製薬ホールディングス(4596)が年初来安値を更新し、キャリア(6198)も大幅下落となっています。

青山 諭志

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄といった個人の資産運用(パーソナルファイナンス)を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。