年収と貯蓄は比例しない

年収400万円台世帯のお財布事情をみてきました。平均貯蓄額は「1000万円にあと一歩」という一方で、年収を超える負債を抱えているのが特徴です。

また年収400万円台前半世帯の方が貯蓄額は高いことから、年収と貯蓄は必ずしも比例しないことがわかりました。貯蓄をするうえでは、年収以外にも貯蓄額に影響するポイントがあるということです。

年収アップが難しく、子どもの年齢によっては節約ができない時期もあるでしょう。そのようなときは、お金に働いてもらうという選択肢もあります。

年収400万円台世帯の貯蓄は、その6割を預貯金が占めていましたね。例えば10割を預貯金に回している場合、平均のように6割にまで下げてみるのもひとつです。残りを資産運用に回せば、利息の効果でお金を増やせるというしくみです。

資産運用には一定のリスクがあるので、必ず情報収集してから始めましょう。幅広い方法を探すことで、自分にぴったり合う方法が見つかりやすくなりますよ。

参考資料