作業服からカジュアルウェアまで幅広く取り扱う、ワークマン。最近ではメディア露出も増え、1度は耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

ワークマン公式サイト「2022年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)」(2021年11月8日発表)によると、2022年3月期第2四半期累計期間における、チェーン全店売上高は737億円を超えました。

空調ウェアやアウトドアギア、シューズなどの販売を強化し客層を拡大。プライベートブランド商品のチェーン全店売上高構成比も、前年同期比+3.9ポイントの58.0%と好調です。ワークマンオリジナルのプロ向け商材や高機能製品の開発に力を入れたことが要因のようです。

そこで今回は、ワークマンマニアが「買って正解」だった、車中泊キャンプグッズ5選をご紹介します。

コロナ禍で話題の「車中泊キャンプ」を快適にするグッズとは?

寒さ対策ばっちり!車中泊アイテム

ヒーターマルチブランケット

価格:2,900円(税込)
サイズ:幅135×丈65cm
カラー:ブラック、ダークグリーン
素材:表地/ポリエステル、中わた/ポリエステル、裏地/ポリエステル、フリース部分/ポリエステル

電熱シートが搭載されたマルチブランケットがあれば、寒い時期の車中泊でも気持ちよく眠れます。また、ポンチョ・ベスト・ハーフパンツ・マフラー・ラップスカートなど、全6通りの使い方も可能です。

【口コミ】

  • 「バッテリーは持っていたため、ブランケットだけ購入しました。サイズが大きくて、いろいろな使い方ができるのもとても良かったです。色違いもゲットしちゃいました」
  • 「値段は安いがしっかりしています。ブランケット以外の用途でも使えていい」

REPAIR-TECH(R)(リペアテック)洗えるフュージョンダウン ライトパンツ

画像出典:ワークマン公式

価格:1,900円(税込)
サイズ:S~LL
カラー:ブラック、カーキグリーン、テラコッタ
素材:表地・裏地前裾部分/ナイロン、ニット部分/ポリエステル、中わた/ダウン・ポリエステル・アクリル・フェザー、裏地上側部分/ポリエステル

去年、即完してしまったライトパンツ!天然ダウンと吸湿発熱わたにより、中わた100%と比べ約2℃も体感温度がアップ。裏地には保温性の高いブラックアルミを採用しています。ひざ周りにストレッチニットをプラスし、脚の曲げ伸ばしも楽ちん。
※金属アレルギーのある方は、着用をお避けください。

【口コミ】

  • 「とてもシンプルでベーシックなデザイン!街でも違和感はあまりないです」
  • 「非常に暖かく、しかも軽量。左右にはポケットがあって便利!ポーチが付属しており、コンパクトに丸めて持ち運びできます」