子どもの教育費を考える際にもっとも親の負担となるのが、大学進学に関係する費用ではないでしょうか。

教育費の準備としては、以前は子どもが小さいころから学資保険などを活用してこられた方も多かったと思います。

しかし、最近ではグローバルにおいて低金利が根付いてしまい、学資保険で10年や20年かけて準備してもほとんど増えていないという親にとっては厳しい時代です。

今回は、LIMO編集部が注目する大学やその学部を卒業するのにいくらの授業料などが必要なのかを、大学の開示資料などをもとに見ていきたいと思います。

続きを読む

【注目記事】慶應義塾大学・経済学部を卒業してどこの企業に就職するのか【2021年更新版】

それでは、卒業するまでにいくら必要なのかを見ていきましょう。