40~50代といえば、働き盛りでお給料のピークを迎える一方、お子さんの進学資金や住宅ローンの支払いなど「出ていくお金」もピークを迎えているという方が多い世代です。

そろそろ老後の資金についても考えたいけれど、どうにも手が回らないという世帯も多いでしょう。それでも「同年代がどれくらい貯金をしているのか」は気になるものです。

今回はそんな40~50代のふところ事情を眺めながら、老後に必要な貯金額の目安についても考えていきましょう。

続きを読む

【関連記事】年収400万円台「いわゆるふつうの世帯」の貯蓄平均

40代の貯蓄額とその中身をのぞいてみましょう!

まずは40代の平均の貯蓄額とその内訳をみていきます。金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和2年)」によると下記の通りです。

【40代・二人以上世帯】金融資産保有額

(金融資産を持たない世帯を含む)

  • 平均:1012万円
  • 中央値:520万円

平均値は富裕層などの極端な数値も含まれてしまうため、中央値の方がより実態に近いといわれています。

金融資産保有額「世帯ごとの割合」

  • 金融資産非保有:13.5%
  • 100万円未満:8.7%
  • 100~200万円未満:6.5%
  • 200~300万円未満:7.3%
  • 300~400万円未満:5.1%
  • 400~500万円未満:5.4%
  • 500~700万円未満:8.7%
  • 700~1000万円未満:9.0%
  • 1000~1500万円未満:12.7%
  • 1500~2000万円未満:7.3%
  • 2000~3000万円未満:5.1%
  • 3000万円以上:7.6%
  • 無回答:3.1%

最も多いのが金融資産非保有、つまり貯蓄ゼロ世帯となりました。一方1000万円以上を保有する世帯は約3割ですね。

次に、どのような方法で貯蓄をしているのかみていきましょう。先述の平均貯蓄額の1012万円の内訳は下記の通りです。

【40代・二人以上世帯】種類別「主な金融商品保有額」

(金融資産を保有していない世帯を含む)

  • 預貯金(うち運用または将来の備え):473万円
  • 生命保険:238万円
  • 損害保険:29万円
  • 個人年金保険:81万円
  • 債権:5万円
  • 株式:105万円
  • 投資信託:27万円
  • 財形貯蓄:46万円
  • その他金融商品:8万円

約半分を預貯金としていつでも引き出せる状態にし、それ以外を保険や株式、投資信託などで資産運用しているようですね。