人気観光地北海道を代表するお菓子メーカー「六花亭」

外出自粛の閉塞感をしばし忘れ、おうちにいながら旅行気分に浸るなら、観光地のおいしいものを味わうというのはいかがでしょうか。今回は、ブランド総合研究所「第15回地域ブランド調査2020」(調査期間:2020年6月24日~7月20日、有効回収数31,734 人)で12年連続1位となった北海道を代表するお菓子メーカー「六花亭」をご紹介します。

六花亭製菓株式会社」は創業1933年、帯広に本社工場を構え、店舗数は北海道内に68(2021年8月14日確認現在)。従業員数1,320名(2020年4月1日現在)、売上高は191億円 (六花亭主要5社/2019年3月期実績)です。

「夫が北海道出張するたびに必ず買ってくるのが、六花亭のバターサンド。サクサクのビスケットに濃厚なバター、芳醇なレーズンの組み合わせは最高です」(女性 47歳)

「季節のおやつを箱詰めにした、“おやつ屋さん”。私の経営する小さな個人オフィスは、毎月1回、それをお取り寄せしています。スタッフも楽しみにしているんですよ」(男性 42歳)

「お菓子のおいしさはもちろんですが、ネーミングがとてもあたたかくてかわいらしいものが多いんです。“いつか来た道”“おふたりで”“雪やこんこ”“おかげさま”など、ほっこりします。愛らしい花々が描かれた、あの包装紙も大好き。」(女性 58歳)

みなさん、それぞれに六花亭のお菓子に愛着があるようですね。また、お菓子だけではなく、包装紙と同じ花柄のポールペンやメモ帳、クリアファイルなどもオンラインショップで購入できるので、気になる人はチェックしてみてはいかがでしょうか。