「老老格差」という言葉をご存知でしょうか。

シニア世代の間で広がる貧富(所得)の世代内格差のことですが、年金等の収入や貯蓄の差などが深く関連するといえるでしょう。年金の受給額は現役時代の収入や雇用形態の影響を受けます。老後貧乏にならずに済むかどうかは、現役時代からの貯蓄の有無も大きなポイントとなりそうですね。

今回は大手保険会社で勤務経験があり、セカンドライフの相談にものってきた筆者が、今の60代シニアのふところ状況を眺めていきたいと思います。「貯蓄がある人・そうでない人」の差がどのように生まれているのかも考えていきましょう。 

続きを読む

【関連記事】厚生年金「ひと月25万円以上」受給する人の割合

60代世帯のお金事情「貯蓄がない人」も含めた場合

はじめに、60代シニアがどのくらい資産を保有しているのか見ていきます。参考にするのは、金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和2年)」です。

60歳代・金融資産保有額分布(金融資産非保有世帯を含む)

60代「貯蓄がない世帯」を含めた貯蓄額分布

拡大する

「3000万円超」と「貯蓄ゼロ」が同程度存在します。

平均:1745万円・中央値:875万円

金融資産非保有:18.3%・100万円未満:3.5%・100~200万円未満:4.0%
200~300万円未満:4.0%・300~400万円未満:3.3%・400~500万円未満:4.0%
500~700万円未満:5.3%・700~1000万円未満:7.5%・1000~1500万円未満:7.5%
1500~2000万円未満:6.3%・2000~3000万円未満:13.3%・3000万円以上:19.6%
無回答:3.3%

※平均は超富裕層などの大きな資産額の影響を受けやすいため、中央値の方が実態に近いといえます。

金融資産非保有つまり、貯蓄ゼロの世帯が約2割もいるのに対し、3000万円以上の貯蓄がある世帯も約2割。老老格差は貯蓄額にも如実に表れていますね。

次に、金融資産非保有世帯を除いた、60代の資産保有額の分布を見ていきましょう。