70代といえば、仕事をしている方はほとんどいなくなり、セカンドライフ中の方が大半になる年代ですね。「人生100年時代」といわれる現代では、70代でも30年ほどの人生が待ち受けています。

老後は年金が主な収入源となり、頼りになるのはご自身の貯蓄。実は70代シニアの中には貯蓄がゼロという世帯もいるのはご存知でしょうか。

本日は大手保険会社で勤務経験があり、老後資金の相談にのってきた筆者が、70代シニアの貯蓄格差について、眺めていきます。はたらく世代のわたし達が今からできることも一緒に考えていきましょう。

続きを読む

70代以上の平均貯蓄額をチェック

それではさっそく70代以上シニアの貯蓄をみていきます。金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和2年)」によると、70歳以上世帯の貯蓄額は下記の通りです。

70歳以上・二人以上世帯「金融資産保有額」(金融資産を保有していない世帯を含む)

  • 平均:1786万円
  • 中央値:1000万円

※中央値は、数を順に並べたときに、真ん中にある数値のため、平均値より実態に近いといわれています。

70代の半数以上が1000万円以上の貯蓄があるという結果になりました。2019年には老後に年金以外に2000万円が必要と話題になりましたが、「人生100年時代」から考えると、70代で貯蓄1000万円は心許ないところもあるでしょう。

70代の貯蓄事情について、もう少し詳しく見ていきます。