観葉植物おすすめ3選、おしゃれなインテリアと相性バツグン!

Followtheflow/Shutterstock.com

copy URL

おしゃれなインテリアに欠かせないのが観葉植物。小さくても、大きくても部屋の中に緑があると、一気に垢抜けた印象になります。

ひとえに観葉植物といっても、様々な形や大きさがあり、好きな観葉植物は好みに大きく左右されます。好きな植物を選んで飾るのがベストですが、できればお部屋のテイストに合わせたほうが、おしゃれ感が増して満足感も高まります。

本日はガーデニング歴20年のLIMO編集部員より、おしゃれなインテリアに似合う観葉植物をご紹介します。

続きを読む

ユーカリ・ポポラス

  • フトモモ科ユーカリ属
  • 常緑高木
  • 原産:オーストラリア

ポポラスの特徴

コアラが大好きなユーカリの葉。種類はなんと500~600とも言われています。それくらい種類が多いのですが、今回おすすめしたいのはポポラスという、かわいい丸い葉をもつユーカリです。

ユーカリは生育旺盛で成長も早く、数十メートルまでの高さに達する品種もあります。地植えにする場合は、大きくなる可能性が高いので、植え付け場所をよくよく選ぶ必要があります。

日当たりがよいところであれば、鉢植えでも育てることができますから、鉢植えにして、こまめに剪定をすれば高さも調整できます。

ユーカリは乾燥を好むので、水やりを頻繁におこなう必要がありません。肥料も同様で、あまり施さなくても成長するほど生育旺盛です。大きくなると存在感が増し、個性的な姿でお部屋のシンボルツリーとなってくれること間違いなしです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、大手メディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い運営をしています。また、編集体制としての金融コンテンツ編集者のバックグラウンドは、金融機関勤務経験年数は延べ30年(2021年7月1日現在)で、編集者として日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)、第一種外務員(証券外務員一種)、AFPなどの金融プロフェッショナルとしての資格保有者が在籍しています。ネットメディアとしての沿革は、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。