厚生年金の受給額は「平均14.4万円」

引き続き同資料より、厚生年金保険(第1号)の年金月額についてみていきます。

※ここから先にご紹介する厚生年金保険(第1号)の年金月額には、基礎年金(国民年金)部分も含まれます。

厚生年金保険(第1号)「平均年金月額」と「受給額分布」

全体平均:14万4268円(男性:16万4770円、女性10万3159円)

拡大する

厚生年金の「男女差・個人差」に注目

国民年金と比較すると、金額そのもの全体に「手厚い感」がありますが、その受給額分布は「5万円未満」から「30万円以上」のゾーンまで幅広いです。

男性のボリュームゾーンは15万~20万円未満ですね。男性全体の4割がここに入ります。また、女性全体の44.0%が「5万~10万円未満」です。

厚生年金の「男女差・個人差」

厚生年金保険(第1号)の男女全体の平均受給額は14万円台ですが、男性の平均額は16万円台、女性の平均額は10万円台と大きな開きがあります。

厚生年金の場合、現役時代に収入に応じた保険料を納め、それが老後の年金額に反映されます。そこでさきほどのグラフに見るような大きな個人差や男女差が生じるわけです。

女性は男性と比較して、家庭に入ったり、非正規雇用で働く人の割合が多いことなどがこの背景にあることは確かでしょう。

また、会社員や公務員として厚生年金に加入していた時期があっても、その期間が短い場合は実際に受け取る年金額は意外に少ない可能性もあります。

ねんきんネットやねんきん定期便などで、ご自身がいくら受け取れそうかを把握しておきましょう。

厚生年金保険(第1号)受給額分布

男子 平均年金月額:16万4770円(計1066万6981人)

【内訳】~5万円未満:15万977人・5万~10万円未満:97万6724人・10万~15万円未満:261万3866人
15万~20万円未満:436万9884人・20万~25万円未満:224万9128人
25万~30万円未満:28万8776人・30万円以上:1万7626人

女子 平均年金月額:10万3159円(計531万9978人)

【内訳】~5万円未満:31万5100人・5万~10万円未満:234万1321人・10万~15万円未満:218万2510人
15万~20万円未満:41万2963人・20万~25万円未満:6万3539人
25万~30万円未満:4166人・30万円以上:379人