2017年に注目の投資信託。7人のプロがオススメするのはこれだ!

年始に資産形成を考える

copy URL

2016年を振り返ると、英国のEU離脱やトランプ米大統領の誕生などのサプライズがありましたが、結果として見れば世界の株式市場は米国を中心におおむね堅調に推移しています。では、2017年を迎えるにあたって、今ならどの投資信託が買いなのでしょうか。

今回は、主要な資産運用会社の担当者に、冬のボーナスやお年玉で購入して欲しい自社のオススメ投信を投信1編集部が取材しました(厳密なガイドラインは設けていませんが、投資期間3年、予算10万円をイメージしていただきました)。

続きを読む

あわせて、各運用会社の担当者がちょっと気になる「他社の投信」についても伺っています。”一年の計は元旦にあり”と言います。この機会に、2017年の投資戦略を練ってみてはいかがでしょうか。

運用会社お薦めの自社投資信託まとめ

三菱UFJ国際投信 山口裕士氏、四方利祐氏

  •  eMAXIS 最適化バランス
  • 日本配当追求株ファンド(価格変動抑制型)(愛称:はいとう日本)

アセットマネジメントOne 陽田菜穂氏

  • たわらノーロードシリーズ
  • 投資のソムリエ

ピクテ投信投資顧問 小田嶋康博氏

  • ピクテ・マルチアセット・アロケーション・ファンド(愛称:クアトロ)
  •  iTrustロボ

日興アセットマネジメント 今福啓之氏

  • グローバル・ロボティクス株式ファンド
  • 先進国資本エマージング株式ファンド(愛称:リード・ストック)
  • ファイン・ブレンド

三井住友アセットマネジメント 宗正彰氏

  • YOURMIRAI ワールド・リゾート
  • YOURMIRAI フレキシブル・ボンドアロケーション(為替ヘッジなし)/(米ドル円ヘッジ)

大和住銀投信投資顧問 栢光昭氏

  • ひとくふう先進国株式ファンド
  • J-Stock アクティブ・オープン
  • 米国コア・バランス・ファンド(愛称:USヒーロー)

【参考リンク:上記の投資信託を買える主な金融機関】
※キャンペーンは2017年4月3日現在の内容です。

>>SBI証券(新規口座開設+各種取引で最大100,000円プレゼント!)

>>楽天証券(各種取引でポイントプレゼント!)

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、大手メディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い運営をしています。また、編集体制としての金融コンテンツ編集者のバックグラウンドは、金融機関勤務経験年数は延べ30年(2021年7月1日現在)で、編集者として日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)、第一種外務員(証券外務員一種)、AFPなどの金融プロフェッショナルとしての資格保有者が在籍しています。ネットメディアとしての沿革は、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。