企業業績好調で下値も固い日本株、コロナ感染拡大への懸念は続く

【日経平均株価】テクニカル分析 2021年8月9日

LIMO編集部

copy URL

国内企業の決算内容好調で、日本株も底堅く

2021年8月6日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は前日より91円92銭高の2万7820円04銭でした。前週はやや軟調でしたが、先週はむしろ下げ渋るような動きになりました。

国内外で新型コロナウイルス感染が急拡大し、国内では5日、東京都内での新規感染者数が1日で5000人を超えました。全国でも7日まで過去最多更新が続き、投資家の間に経済活動再開が遅れるとの懸念があります。

続きを読む

一方で、企業では4~6月期決算の発表が本格化していますが、業績好調の企業も多く、通期業績を上方修正するところも見られます。こうしたことから好決算銘柄が買われ、相場も下値が固くなっています。

今週の動きはどうなるでしょうか。6日には7月の米雇用統計が発表され、非農業部門雇用者数が前月比94万3000人増と、市場予想(84万5000人増)を上回りました。

すると投資家の間に景気回復への期待感が広がり、6日の米株式市場でダウ工業株30種平均は、前日比144ドル26セント高の3万5208ドル51セントと最高値更新となりました。日本株も連れ高になることが期待されます。

ただし、東京五輪の開催にあわせて8月8日(日)に祝日の「山の日」が移動し、9日(月)はその振替休日となっています。東京株式市場も休場ですので注意してください。

新型コロナの感染拡大については引き続き警戒が必要です。日本政府は8日、新型コロナ対策である「まん延防止等重点措置」の適用地域に、福島、茨城、栃木、群馬、静岡、愛知、滋賀、熊本の8県を追加しました。期限は31日までです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
下原 一晃

マーケティング会社、リクルートなどを経て、PRプランナー・ライターとして独立。株式投資、投資信託をはじめとする資産形成や、年金、相続などに関する情報提供を行っている。あわせて、個人投資家がテクニカル理論を身に付けるためのヒントや知識の紹介にも取り組んでいる。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト(CMTA)。