【みんなの平均】20代~70代「年収・貯蓄」どのくらいか

KT Stock photos/shutterstock.com

copy URL

年収や貯金額といった「お金にまつわること」はとてもデリケート。きょうだいや親しい友人とも、滅多に話題に上がることがない、という方も多いはずです。

そこで今回は、総務省の「家計調査報告(貯蓄・負債編)2020年(令和2年)」から、各世代の「年収・貯蓄・持家率」を見ていきます。

【20代~70代以上・みんなの平均】年収・貯蓄・持家率

収入・貯金・マイホーム事情……。

これらの「お金事情」は、家庭によってそれぞれ違います。とはいえ、自分と同年代の「平均」を知ることは、今後のマネープランを考えるうえで、何らかの参考になるかもしれません。

続きを読む

さっそく、総務省が公表する「家計調査報告(貯蓄・負債編)-2020年(令和2年)平均結果-(二人以上世帯)」から、20代から70代以上世帯のフトコロ事情を眺めていきます。

まずは、全体の平均から。

平均:世帯主の年齢…59.5歳

持家率…85.8%
年間収入…634万円

貯蓄額…1791万円

■内訳■

金融機関…1761万円

  • 通貨性預貯金…556万円
  • 定期性預貯金…607万円
  • 生命保険など…357万円
  • 有価証券…240万円

金融機関外…31万円

ここからは、20代から70代以上までを、世代ごとに見ていきます。

20~29歳:世帯主の年齢…27.0歳

持家率…33.0%
年間収入…564万円

貯蓄額…376万円

■内訳■

金融機関…359万円

  • 通貨性預貯金…229万円
  • 定期性預貯金…54万円
  • 生命保険など…53万円
  • 有価証券…23万円

金融機関外…17万円

30~39歳:世帯主の年齢…35.3歳

持家率…65.0%
年間収入…675万円

貯蓄額…760万円

■内訳■

金融機関…732万円

  • 通貨性預貯金…378万円
  • 定期性預貯金…160万円
  • 生命保険など…135万円
  • 有価証券…60万円

金融機関外…27万円

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。