【世代別】おひとり様世帯で「貯蓄ゼロ」は何割か

Gearstd/shutterstock.com

copy URL

長期化するコロナ禍は私たちの生活を大きく変えました。

とりわけ、仕事や収入面で大きな変化が起こったという方は少なくないでしょう。

帝国データバンクが2021年7月20日に公表した動向調査によると、2020年2月以降に発生した「新型コロナウイルス関連倒産」は1783件、うち2021年の倒産は934件とされています。また、3度目・4度目の緊急事態宣言の影響を受け、この数字は今後も増え続ける見込みであることについても言及されています。

続きを読む

仕事と暮らしは表裏一体。勤め先の倒産は、毎日の生活に直結します。単身世帯の方であれば、心細さはなおさら増すかもしれませんね。

今回は、金融広報中央委員会「令和2年(2020年)家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査]」から、いわゆる「おひとり様世帯」の貯蓄事情、とりわけ「貯蓄が少ない世帯」の割合にクローズアップします。

世代別「ひとり世帯で貯蓄ゼロ」の割合は?

さいしょに、同調査結果から、世代ごとの「貯蓄ゼロ世帯(金融資産非保有世帯)」の割合を見ていきます。

【世代別】単身世帯「金融資産非保有」の割合

  • 20歳代:43.2%
  • 30歳代:31.1%
  • 40歳代:35.5%
  • 50歳代:41.0%
  • 60歳代:29.4%

調査対象全体:36.2%

「令和2年(2020年)家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査]」【表4】金融資産保有額(金融資産を保有していない世帯を含む)より抜粋

単身世帯では、貯蓄ゼロ世帯がとても高い割合で存在することが分かります。とりわけ20歳代、そして定年間近である50歳代が高く、いずれも4割程度が無貯蓄である、ということになるようです。

続いて「貯蓄が100万円未満」の世帯の割合についても見ていきます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。