【日経平均】週初から28,000円割れも。新型コロナ感染者再増加で低調に

日経平均株価テクニカル分析 2021年7月18日

copy URL

日経平均はコロナの感染再拡大などで低調

2021年7月16日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は前日より前日比276円01銭安の28,003円08銭でした。3日続落です。

前日15日の米株式市場で、ダウ工業株30種平均は続伸したものの、ハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数が下落しました。これを受けて、国内でもハイテク株中心に売りが広がりました。

さらに、国内では新型コロナの感染再拡大が続き、15日には、東京都の新規感染者数が1,308人となりました。東京五輪までの開幕まで1週間となる中、感染者増加速への懸念が広がっています。

続きを読む

また、足元でワクチンの接種スピードが鈍ってきていることも、投資家に嫌気されました。15日にファーストリテイリングが今期の営業利益予想を下方修正したことも下げに影響しました。

今週の動きはどうなるでしょうか。16日の米株式市場でダウ平均は3日ぶりに反落し、前日比299ドル17セント安の34,687ドル85セントで終えました。最高値更新が続いていましたが、このあたりで上昇一服になりそうです。

日本株も週初から売られる展開になることが考えられます。週初から28,000円割れとなるかもしれません。注意が必要です。

欧米ではいったんは新型コロナウイルスの感染拡大が鈍化したと見られていましたが、ここに来て、感染力の強いデルタ型の感染が急速に広がっています。ワクチン接種が進んでいる国でも行動制限に再度踏み切るなど、景気の減速が懸念されるところです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
下原 一晃

マーケティング会社、リクルートなどを経て、PRプランナー・ライターとして独立。株式投資、投資信託をはじめとする資産形成や、年金、相続などに関する情報提供を行っている。あわせて、個人投資家がテクニカル理論を身に付けるためのヒントや知識の紹介にも取り組んでいる。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト(CMTA)。