厚生年金「いくらもらえそう?」給与から目安が分かる早見表

copy URL

正確な年金額を知りたい人は

給与の額は勤務年数に応じて増えていくなど、加入期間を通して一律ではない場合が多いと思います。また、間をあけて転職したり、仕事を離れたりした場合、厚生年金の加入期間にブランクができます。

そうした年金額の計算に必要な報酬や期間を正確に把握することはなかなか大変です。そこで、「ねんきんネット」および年に1回届く「ねんきん定期便」を確認しましょう。

ねんきんネットでは保険料を納めた月の詳細な記録や年金見込額の試算、追納可能月数と金額も確認できます。

【日本年金機構「ねんきんネット」】

ねんきんネットを利用するには、最初に新規登録をします。その際、年金手帳などに記載されている「基礎年金番号」が必要です。ねんきん定期便が手元にある場合は、そこに記載されているアクセスキーを利用すると迅速に登録ができます。

申し込み画面に必要事項を入力すると、アクセスキーがある場合は登録したメールアドレスに24時間以内にユーザーID確認メールが送られてきます。そこで承認をすれば完了です。

アクセスキーがない場合は、申し込み後、5営業日ほどでハガキが送られてくるので、そこに記載されているユーザーIDによって登録を完了します。

厚生年金の保険料は事業主と折半で負担しますが、年金は基礎年金に厚生年金が上乗せして支給されます。そのため、年金額を増やすためには厚生年金に長く加入することが効果的といえます。現状、どのくらい年金がもらえるのか、このまま今の仕事を続けていけば、将来の見込額はいくらになるのか、ぜひこの機会に確認してみてくださいね。

つみたてNISA100%活用術 無料オンラインセミナー

参考資料

石倉 博子

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
石倉 博子

1級ファイナンシャルプランニング技能士、CFP認定者。"お金について無知であることはリスクとなる"という信念のもと、子育て期間中にFP資格を取得。難しい制度や専門用語を分かりやすく伝えることを目的として記事を執筆中。趣味は読書とイラストを描くこと。